ヤマトの生活情報館

いろいろな水のトラブル 自分で簡単修理法 こんな時どうする
トップページ 対処法トップ サービス案内 生活情報館 リンク集
水廻りのプロが教える、トラブル対処法 詰まり 詰り あふれ 溢れ 水漏れ 水もれ 詰り 詰まり
排水のトラブル
新登場 ヤマト水廻りお助け隊 ヤマト水廻りお助け隊のページはこちら
トラブル対処法見てもという方、携帯メールで写真を送ると、スタッフが対処法を伝授!!
事前登録会員募集!!  作業依頼に迅速に対処、携帯などに訪問時間をメールでお知らせ
トイレが詰まった
水が流れっぱなし
台所・風呂の流れが悪い
New風呂場の不具合解決法
New台所や洗面台、風呂場の簡単お手入れ法
New洗濯機置き場のトラブル対処法
外の桝(マス)で汚水があふれてる


トイレが詰まって・・・でも使いたい。何とかならないの? 

 小さなお子さんの居るご家庭では、トイレの詰まりは頻繁に起こります。原因としては、特に紙の使いすぎなどがあげられます。

 まず最初に、何が原因で詰まったのか思い返してみましょう。

その1. トイレットペーパーなど“水に溶ける柔らかいもの”が詰まっている場合
その2. 洗剤のキャップや子供のオモチャ、トイレットペーパーの芯のような“固いもの”が原因で詰まっている場合
その3. “排水不良”による詰まり

   その1. “水に溶ける柔らかいもの”が詰まっている(と思われる)場合

 それならば下記の方法を試してみましょう!! たぶん自分で直せると思いますよ。


 なお、この場合の詰まりの原因としては、

(イ)小さなお子さんに多いですが、トイレットペーパーの使いすぎによる紙の詰まり
(ロ)便の詰まり

 などが考えられます。

 (イ)トイレットペーパーなどの紙の詰まりは、小さなお子さんがいらっしゃる家庭では十分ありえます。また、(ロ)便の詰まりの場合は、タンク内の水の一定量よりも重いウンチをしちゃった場合とか、あるいは朝の便所ラッシュでタンクに水が十分に溜まる前に使用して流してしまったなどいろいろと考えられます。
 その見分け方としては、詰まったときの便器の中の水の色が透明または若干白色の場合は紙茶色の場合は便の場合が多いです。


 この場合は、まずは慌てずに、他の用事でもしながら様子を見ましょう。しばらくして(目安としては30分〜1時間程度)戻ってみると意外と直っていた、なんてことが多いものです。

★ただしティッシュペーパーを使って詰まってしまった場合などは、そうは簡単にゆかないかも知れません。見た目は同じでも、流してよい物と流してはいけないものがあります。水に溶けないものは、たとえティッシュペーパーといえど流してはいけません。
 水に溶けない、あるいは溶けにくいものが原因の場合は、その2“固いもの”が原因で詰まっている場合」をご参照ください。


 とにかく1時間以上経過しても詰まりが解消しない、またはティッシュペーパーが原因による詰まりの場合は、下記の方法を試してみましょう。(便詰まりにおいても同様の作業をして見て下さい。) 
 ただ、紙詰まり・便詰まりでも、空気の届かない下の部分に詰まっている場合や異物の場合は、ヤマトグループ にご相談ください。


(1).まずは修理道具を用意します。
 ここではラバーカップ(お椀の形のゴムを逆さに置いて棒がついているもの。通称:ぱこぱこ・すっぽん)という器具を使います。街の金物屋やホームセンターなどで売られています。

(2).次にバケツに水を汲みます。

(3).便器の溝部分に、ラバーカップを空気が漏れないようにかたどって付けます。

(4).ラバーカップを付けたら、バケツに用意していた水を、ラバーカップの黒い(灰色)部分を十分覆うくらいに入れます。

(5).ラバーカップのゴムを少しずらしてバケツの水を入れ、また空気が漏れないように真空状態にします。

(6).ラバーカップをゆっくりと真空状態のまま(このとき両手ではなく、片手はラバーカップの柄、片手はラバーカップのゴムを押さえます)押し込みます。

(7).ラバーカップのゴム部分がぺちゃんこになったら、今度は一気に遠慮なく躊躇なく引き抜きます。なおこの場合、詰まりものを押し込むのではなく、いったん引き戻すようにすることがコツです。

(8).(3)(7)の作業を何度か繰り返しているうちに詰まりものは抜けることが多いです。

(9).詰まりが取れたようであれば、バケツで少しずつ水を流し、水がスムーズに流れるかどうかを確かめます。いきなりタンクの水を流さないように気をつけましょう。詰まりが取れていなかった場合、便器から水があふれてしまいます。


 この作業を何回も繰り返しても直らない頑固な詰まりの場合は
 ヤマトグループ に ご依頼下さい。
戻る


   その2. “固いモノ”が原因で詰まっている(と思われる)場合

 洗剤のキャップや子供のオモチャ、トイレットペーパーの芯、あるいは通常のティッシュペーパーのような、水に溶けない、あるいは溶けにくい“固いもの”が原因で詰まっている場合は、“便器を床からはずして詰まっているものを取り出す”といった工事が必要になります。

 一般にホームセンターなどで販売されている工具や材料では、工事後の水漏れや便器を破損してしまう恐れがありますので、この場合はヤマトグループにご相談ください。
戻る


   その3. “排水不良”が原因で詰まっている(と思われる)場合

 便器はどれくらいご使用になっているでしょうか? もうそろそろ交換時かもしれません。

 大体15年〜20年前後使用している便器の場合、便器自体の便器の損耗などが原因で排水不良を起こしていることが多いようです。
 この場合、便器自体の買換えが必要かも知れません。また場合によっては、タンクの交換や床工事・配管工事も必要になる場合もあります。しかし最近は、各メーカーが配管工事を必要としないリフォーム用便器を用意していますので、お手ごろな予算で交換工事を施工することも可能です。

 応急処置も含め、まずはヤマトグループにご相談ください。
戻る

トイレの水が流れっぱなし・・・とりあえずとめる方法は?

 トイレの便器の横に水を貯めるタンクがあります。そのタンクの横または下からタンクに水を給水するための水道管があります。その途中のマイナス(-)ネジをドライバーや硬貨などで時計回り(右)に締めてみましょう。そうすることでタンクへの給水を止めることができます。

 その後、ヤマトグループにご連絡ください。
戻る


キッチンや洗面台、フロの排水が流れが悪い・・・解決法は?

 まずは、流れの悪い排水口付近にゴミがないか確認してください。
ラバーカップ
(1).お風呂や洗面台では髪の毛や石鹸カス、流し(キッチン)の排水では食べ物のカスなどが排水管の内側にこびりついています。このゴミを取り除くと、大抵は流れが良くなるはずです。なお、ゴミを取り除くにはラバーカップやワイヤー通しなどを利用するとよいでしょう。

(2).その後スーパーや薬局などで売っている市販の排水管洗浄クリーナーを説ワイヤー通し明書に従って使ってみましょう。

(3).それでも直らなければ、排水口のその先、排水管の曲がりの部分や他の排水との合流部分に蓄積した汚れや、または排水管の勾配が問題であることが考えられます。
 その時はヤマトグループにご連絡ください。


戻る


風呂場の不具合解決法

 一日の疲れを癒すためにも、快適に利用したいお風呂。そのお風呂でトラブルがあっては困りますよね。。
 バスタブや洗い場の排水口も、髪の毛などが詰まりの原因になります。普段からこまめに掃除をしたり、パイプクリーナーなどを使って清潔にしておきましょう。


  • シャワーとカランの切り替えがうまくできない場合

      まずは内部の部品の状態を見ます。原因がよく分からなければ部品ごと交換して構いません。
      ※なお、メーカーによってはメーカーの専用部品しか対応しないものもありますので注意が必要です。

  • シャワーが飛び散る場合

     シャワーヘッドが割れていることが原因として考えられます。または、シャワーヘッドとホースの接続部のパッキンがなく、そこから飛び散っていることも考えられます。
     シャワーヘッドやホースの一部が切れてそこから水が飛び散っている場合は、すべて交換です。

  • 浴槽のお湯が減ってゆく場合

     原因として。主に次のものが考えられます。

    1. 浴槽内部にヒビ
       この場合はメーカーに依頼してください。

    2. 浴槽のゴム栓の劣化
       ゴム栓は市販していますので購入して取り替えてください。
      ※なお、購入する前に、メーカー名と栓の上下の径の長さをきちんと調べておきましょう。ピッタリ合わないと水漏れの原因になります。


参考:浴室の普段のお掃除

 まだ濡れているうちに手早く汚れを落とすことがコツです。このちょっとした手間が頑固な汚れを未然に防いでくれます。普段のお掃除なら、特に洗剤を使わなくても、柔らかいスポンジや床用ブラシで充分ですよ。


  1. 浴室全体

    1. 入浴後、浴室全体に熱めのシャワーをかけます。お湯が垢や泡汚れ、石鹸カスなどを溶かして洗い流してくれます。浴槽内などはスポンジでコスリ洗いをしておくと更に汚れが付きにくくなりますよ。

    2. 次に浴室全体に冷水シャワーをさっとかけます。カビの発生予防です。

    3. シャワーをかけたあと柔らかい布などでカラ拭きをしておくとなおよいでしょう。水滴の跡が残らず、更にキレイに保てます。

    4. カビの発生予防のためにも、最後に入浴した後は出来れば一晩中換気扇を回して十分な換気を心がけましょう。電気代は一晩中(約8時間)回しても1ヵ月あたりせいぜい約100円です。

  2. 浴槽
     ついて直ぐの汚れなら軽くこするだけでOK。お湯を抜いてスポンジで全体を軽くこすり、洗い流します。更にカラ拭きすれば完璧です。

  3. 壁と床
     熱めのシャワーで壁や床を洗い流します。カビの栄養源となる汚れを落とし、最後に冷水をかければ、湯気を抑えて湿気を少なくする効果があります。更にカラ拭きすれば完璧です。

  4. ドア
     内側の汚れはシャワーで洗い流します。最後にカラ拭きしておけば完璧です。

  5. 排水口(ヘアキャッチャー)
     髪の毛やゴミなどヘアキャッチャーにたまった汚れは最後に取り除くことがコツです。詰まりや悪臭の予防にもなりますよ。


  6.  シャワーで汚れを洗い流します。カラ拭きしておけば、常にピカピカな状態に保つことが出来ますよ。

  7. 水栓金具・手すり
     シャワーで洗い流した後、乾いたタオルでカラ拭きをしておきましょう。

  8. 見落としがちなポイント:

    1. ドアの下部
       石鹸の汚れなどが付きやすくカビが生えやすい場所です。日頃からスポンジなどで軽くこすっておきましょう。

    2. 浴槽エプロンの下部
       水垢などがたまりやすく、汚れが付いてくるとくすんで目立つようになります。日頃からスポンジなどでこすり洗いを心がけましょう。

    3. 壁の下部
       キレイに見えても意外なほど汚れています。洗い場で身体を洗ったときに跳ねた石鹸の汚れや皮脂汚れなどが付着しているので、日頃から入浴後にスポンジなどでこすり洗いを心がけましょう。

★風呂場のお掃除のポイント

  1. 最後に入った人がお掃除する習慣を
     最後に入浴した人がシャワーで壁や床を洗い流し、残り湯を抜きながら浴槽内の湯垢をスポンジで落とします。更にカラ拭きで水気を取れば完璧です。カビ予防になるので、後のお掃除の手間や労力が省けますよ。

  2. 換気を心がけてカビの発生防止を
     湿気を好むカビはバスルームの大敵。こびりついてしまったカビは容易に取り除くことができません。入浴後にはできるだけ長く換気扇を回すか窓を開けてしっかり換気を心がけましょう。

  3. 15〜30分を目安に
      浴室はスペースが広いので、お掃除に体力がいる場所です。時間をかけすぎると疲れてしまい、つい億劫になりがちです。一度のお掃除は15〜30分が目安。どんなに長くても1時間を限度に計画的なお掃除を心がけましょう。

  4. 水栓をピカピカに
     浴室を清潔にキレイに見せるポイントはピカピカの水栓金具です。水垢や石鹸カスは、放っておくと頑固な汚や、メッキが錆びる原因にもなります。
  5. まとめのポイント:

    ポイント1:バスタブはパイプクリーナーが便利です。日頃から定期的に使って予防しましょう。
    ポイント1:洗い場の排水口は髪の毛などがたまりやすいので、こまめに取り除きましょう。
    ポイント1:時には排水口の内ブタもはずして、奥の方のお掃除もしましょう。



戻る


New参考:台所と洗面台の簡単お手入れ法

 風呂場と同様、キッチンや洗面所は常日頃利用する場所です。いつも快適に利用できるように日頃からお手入れを心がけておきましょう。


  1. 洗面所の普段のお掃除

     洗面所は湿気が多いだけにホコリもつきやすく、そのうえ水垢や石鹸カスなどもたまりやすくなりますが、ついてすぐの汚れなら拭き取るだけで大抵の汚れは落ちます。何ごともこまめなお掃除が快適生活のコツです。

    1. 洗面ボウルやカウンター
       飛び散った水滴やこぼれた化粧品は、その場でサッとひと拭き。使い終えたタオルなどで拭くだけで、いつもピカピカの状態が保てます。

    2. ヘアキャッチャー(排水口・オーバーフロー穴)
       毛髪などがたまると、スムーズに排水できなくなります。ゴミはこまめに取り除きましょう。

    3. 水栓
       こまめに、あるいは使うたびにから拭きしておけば、水栓が鈍くくすんでしまうこともありません。日頃のお手入れが、いちばん功を奏する場所です。


    4.  使うたび、気づいたときに水しぶきを拭き取る習慣を。化粧水を使ったあとのコットンで鏡を拭く方法もおすすめです。また、鏡面についた皮脂汚れなどはTOTO高性能クロスやマイクロファイバーを使うと簡単に落とせます。

    5. 洗面台の排水口
       洗面化粧台の排水口の詰まりの原因の大半は髪の毛です。排水口のフタをはずすと、髪の毛などが流れないように堰き止める仕掛けがあるので、ここを普段から掃除しておきます。また、市販のパイプクリーナーなども有効です。詰まってしまったら、以下の手順で直します。

      1. まずは排水口のフタを取ります。

      2. 髪の毛などがたくさん絡まっていれば、それらを取り除きます。

      3. それでもうまく排水しないようであれば、ラバーカップを使います。

      4. ラバーカップでも取れないなら、S字トラップを直接点検してみます。
        (1)ウォーターポンプ・プライヤーを使ってS字トラップのネジを回し、上下ともゆるめると、S字トラップがはずれます。(2)トラップ内をのぞいてみて、なにかが詰まっていたら取り除きます。


    ★洗面所のお掃除のポイント

    1. 使ったあとは水滴をとるクセを
       ピカピカの洗面ボウルやカウンターが次第にくもってくるのは、水垢や石鹸カスのせいです。これ防ぐには、手や顔を洗うたび飛んだ水飛沫を拭き取っておくだけでいいのです。

    2. 何かをしながらのお掃除を
       歯を磨きながら、お化粧しながら、鏡や水栓のお手入れをする、このような習慣をつけると、後のお掃除がとても楽になりますよ。

    3. ものを減らし、収納を
       トイレや洗面所のカウンターにモノがいっぱいおいてあると埃を払うのも面倒で、ついお掃除を怠けてしまいがちになりますよね。最小限のものだけを出しておくことが何ごともポイント。キャビネットの収納も70%以内に収めておくと、ものを動かす手間も少なく、お掃除が楽になりますよ。

    4. こぼした化粧品は付着する前に拭き取りを
       収納キャビネットなどに使われるプラスチックはとてもデリケートな素材です。洗顔料や整髪料、メイク用品などの化粧品をうっかりこぼしたら直ぐに拭き取ることが大事です。


  2. キッチンの普段のお掃除

     キッチンの厄介な汚れといえば何とといっても油汚れですが、これもこまめにお手入れをすれば、特別に洗剤を使わなくても汚れを落とすことができます。10分程度のお掃除で、気持ちのよい生活を送ることができます。

    1. 水栓
       使い終わるたびに水を流し、カラ拭きして水気を取ります。根元は水垢や汚れが付きやすいので、こまめなお手入れを心がけましょう。

    2. シンク
       食器を洗い終わった手で台所用中性洗剤をつけたスポンジで磨き、洗い流します。仕上げにカラ拭きをしましょう。

    3. 排水口
       ゴミをこまめに捨てるのが汚さないコツです。

    4. カウンター
       絞った柔らかい布で水拭きし、仕上げにカラ拭きをしましょう。

    5. コンロまわり(トッププレート・ごとく・バーナーキャップ)
       温かいうちなら絞った布で、また、サビ防止のためにも仕上げカラ拭きをしましょう。


    6.  調理が終わったら固く絞った布で拭き、仕上げにカラ拭きをしましょう。


    7.  コンロまわり1m四方を固く絞った布で拭きます。

    8. 食器洗い乾燥機
       ゴミ受けフィルターにたまったゴミを取り除きます。ついでに水洗いしておきましょう。

    9. 魚焼きグリル
       台所用中性洗剤をつけた柔らかいスポンジで洗います。
       ★ポイント:温かいうちにお湯をかけながらスポンジを使ってさっと洗っておくと、コビリツキと臭いの防止になりますよ。

    10. 電子レンジ
       電源を切って、温かさが残っているうちにぬるま湯で堅く絞った布で拭いておきましよう。


    11.  コンロまわり1m四方を固く絞った布で拭きます。

    12. 注意:フッ素コーティングされている部分をクリームクレンザーや堅いスポンジでこすると、コーティングがはがれてしまうことがありますので注意してください。

    ★洗面所のお掃除のポイント

    1. 油汚れは直ぐに拭き取りを
       基本は汚れを放置しないことです。日頃のおそうじに洗剤はほとんど必要はありません。

    2. 換気を
       お掃除をする前には窓を開けたり換気扇を回したりして空気を入れ換えてください。窓を開けるだけでも相当量の埃や湿気が外に出て行きます。キッチン全体のお掃除も天気の良い日が理想的ですよ。

    3. 水栓をピカピカに
       キッチンをキレイに見せる決め手はピカピカの水栓です。水栓をきちんと磨いて視覚的な効果を狙いましょう。

    4. 頑固な汚れはゆるめて
       いろいろな汚れが蓄積して固まった頑固な汚れは、いきなり洗剤をつけても取れません。ぬるま湯をかけたり漬け置きをして汚れをゆるめてから、何度かに分けて取り除いてください。機器を傷めないためにも、こうなってしまう前に日頃からお手入れを。

    5. ものを減らそう
       キッチンがモノであふれていませんか? カウンターに置くものは必要最小限にして、なるべく収納を心がけましょう。何があるかが一目でわかるため管理しやすく、お掃除も驚くほど楽になります。風通しも良くなってカビも予防できますよ。

    6. まとめのポイント:

      ポイント1:汚れが固まらないうちに・・・
      ポイント2:
      使い終わったら、手でさっと・・・
      ポイント3:
      仕上げはカラ拭きで・・・




戻る


洗濯機置き場で排水や水漏れのトラブル・・・その対処法は?

まず、水が漏れている場所がどこかを確認します。
洗濯機用防水パン
  1. 洗濯用ホースの留め具あたり
  2. ハンドル(蛇口)の下あたり
  3. 自在パイプの付け根の、ナットの箇所
  4. 水栓本体の根元(壁との接合部分)
  5. 防水パンまわり
  6. 参考:日頃のお手入れ

a).洗濯用ホースの留め具のあたりからの水漏れ

 洗濯用ホースの留め具は、自在パイプとホースをつなぐ役目をするものです。


 (イ)まずは、その留め具の取り付け方を見ます
   悪い場合は正常な状態に直します。

 (ロ)留め具が正常な場合は、自在パイプの先端が変形していないかどうか見ます
   変形していたら、自在パイプごと交換します。

      
戻る

b).ハンドル(蛇口)の下あたりからの水漏れ

 これは、三角パッキンの劣化が原因なので、パッキンの交換をしてください。

 三角パッキンの交換方法については、
 「給水のトラブル」ページ内の「蛇口から水がポタポタ・・・パッキンを交換したい」の必要な箇所を参照して作業をしてください。

戻る

c).自在パイプの付け根の、ナットの箇所からの水漏れ

 これも、b).と同様パッキンの交換が必要になります。
 上記、「蛇口から水がポタポタ・・・パッキンを交換したい」の必要な箇所を参照して作業をしてください。

戻る

d).水栓本体の根元(壁との接合部分)からの水漏れ

 この場合は、業者へ依頼するのが無難です。
 ヤマトグループにご依頼ください。


 なお、もしも自分でやってみようという場合は、

  1)本体を取り外し、
  2ネジ部分にシールテープを巻きつけて、
  3)再度取り付ける

  この順番で、やってみてください。
  なお、根元はシールテープが必要です。

戻る

e).水栓ではなく、防水パンまわりからの水漏れ

 まず、排水ホースがエルボからはずれていないかどうか確認します


  1. 外れている場合

     ホースバンドか、なければビニルテープ等で巻きつけて、排水ホースがエルボから外れないようにします。

    なお、エルボがない場合は至急用意してください。型を調べて、ホームセンター等で調達します。エルボのゴムが劣化している場合も同様です。交換が必要です。

  2. 外れていない場合

     この場合、原因として考えられることは、
    1. 防水パンにヒビが入っている
    2. 防水パンと排水管の接合ナットのゆるみ
    3. 排水詰まり

     などです。

     これらの症状が見られれば当然対応しなければなりませんが、
     これらの症状が見られない場合は、たとえば洗剤の泡がたくさん出るような機種の洗濯機の場合は、内圧により水が漏れ出すことがあるようです。そのような状況になっていないか確認しましょう。

    ちなみに、防水パンがない場合は、エルボがなく差込穴だけの場合もありますので、その場合はその接続部を確認します。エルボがある場合は、エルボと床の接続部分を見てください。

戻る

f).参考:日頃のお手入れ

 住まいの中でも、水まわりは普段からこまめに手入れをしておきたい個所のひとつです。そんな中でも、毎日使っているのに意外とお手入れが滞りがちなのが洗濯機用防水パンの排水口です。
 洗濯排水にはさまざまな汚れが含まれているので、手入れを怠ると詰まりや漏水などのトラブルの原因にもなりかねません。また、この箇所は悪臭のもとになっている可能性も高い場所です。

 洗濯機用防水パンは家族全員が使う洗面脱衣室に設置されることが多いので、定期的なお手入れを心がけましょう。(なお、ここで紹介する清掃・お手入れ法は、浴室のお手入れにも応用できますので、ご参考になさってください。) 


<洗濯機用防水パンの排水口の掃除の仕方>

1.洗濯機用エルボ(L字のパイプ部分)から排水ホースを取り外します。

2.洗濯機用エルボをメザラ(格子状の円盤部分)から外します(取りにくい場合はメザラと一緒に外すこともできます)。

3.メザラを左に回して外します(洗濯機用エルボとメザラが別々に外せるタイプもあります)。
取り外し時の注意1:メザラを取り外すとき、締め付けフランジを誤って回してしまうと、トラップが脱落したり、排水接続部がゆるんで水漏れの原因になります。絶対に締め付けフランジは外さないでください。

4.
真ん中のパイプが泡止めのパイプで、そのまわりが防臭パイプの上部です。この防臭パイプを左に回し、上に引き抜きます。防臭パイプを取り外せば、泡止めパイプや防臭おわんは簡単に取り外せます。

5.泡止めパイプを抜き取り、続いて泡止めパイプの下の防臭おわんを外します。
取り外し時の注意2:この状態で手入れをします。これ以上は絶対に外さないでくださいね。
ポイント:防臭おわんを外すと排水管より臭いが上がってきますが、このとき雑巾などでパイプを塞ぐとと臭いを予防できます。 

6.
取り外したものの表面の汚れは、柔らかい布やスポンジを湿らせ、中性洗剤などを付けて拭き取ります。また拭き取った後は、水で絞った布などで洗剤が残らないように十分に拭き取ります。

7.トラップ本体の中のゴミを取り除き、雑巾等で拭いた後で水を流します。
清掃時の注意:トラップ本体を清掃するとき中性洗剤は使用可能ですが、熱湯やシンナーなどを流すと変形したりして水漏れの原因となることがありますので、使用は避けましょう。

8.取り外した部品を清掃し、取り外したときの逆の手順で取り付けます。
取り付け時の注意1:洗濯機用エルボを泡めパイプへ差し込む時と洗濯機の排水ホースを洗濯機用エルボへ差し込む時は、確実に差し込まれているか確認してください。差し込みが不完全の場合、排水時に水があふれたり臭いが上がってきたりします。
取り付け時の注意2:お手入れの後、洗濯機の排水ホースをはめるときは、確実にはめ込まれたどうか必ずチェックをしてくださいね。

戻る

戻る

外の桝(マス)で汚水があふれてる どうしよう?

 まずは、汚水があふれている桝(マス)の位置を確認しましょう

(1).詰まりやあふれ等のときは、まずヒシャクなどを使って水位を下げます
 桝の中は 台所からの食べ物のカスや油カス、お風呂場や洗面台からの髪の毛や石鹸カス等でいっぱいかもしれません。まずそれらを取り除いてみましょう。

(2).それで直らなければ、排水桝の前後(配管の曲がり部分.他の排水管との合流部分)に堆積した汚れや配管勾配が問題であることが考えられます。
 その時はヤマトグループにご依頼下さい。
戻る