ヤマト生活情報館

いろいろな水のトラブル 自分で簡単修理法 こんな時どうする
トップページ 対処法トップ サービス案内 生活情報館 リンク集
水廻りのプロが教える、トラブル対処法 詰まり 詰り あふれ 溢れ 水漏れ 水もれ 詰り 詰まり
トイレのトラブル
新登場 ヤマト水廻りお助け隊 ヤマト水廻りお助け隊のページはこちら
トラブル対処法見てもという方、携帯メールで写真を送ると、スタッフが対処法を伝授!!
事前登録会員募集!!  作業依頼に迅速に対処、携帯などに訪問時間をメールでお知らせ
トイレが詰まって・・・
トイレの水が流れっぱなし
Newタンクの水のたまりが遅い・・・どうしよう
Newウォシュレットのトラブル解決法
Newウォシュレットのフィルターの手入れ法
New参考:トイレの簡単お手入れ法
よく詰まる便器解消法
便器の構造
どうなっているの?
Newトイレの水節水方法
Newトイレの止水栓の閉め方と調節方法
Newその他のトイレのトラブル


トイレが詰まって・・・でも使いたい。何とかならないの? 

 小さなお子さんの居るご家庭では、トイレの詰まりは頻繁に起こります。原因としては、特に紙の使いすぎなどがあげられます。

 まずは最初に、何が原因で詰まったのか思い返してみましょう。

その1. トイレットペーパーなど“水に溶ける柔らかいもの”が詰まっている場合
その2. 洗剤のキャップや子供のオモチャ、トイレットペーパーの芯のような“固いもの”が原因で詰まっている場合
その3. “排水不良”による詰まり


   その1. “水に溶ける柔らかいもの”が詰まっている(と思われる)場合

 それならば下記の方法を試してみましょう!! たぶん自分で直せると思いますよ。


 なお、この場合の詰まりの原因としては、

(イ)小さなお子さんに多いですが、トイレットペーパーの使いすぎによる紙の詰まり
(ロ)便の詰まり

 などが考えられます。

 (イ)トイレットペーパーなどの紙の詰まりは、小さなお子さんがいらっしゃる家庭では十分ありえます。また、(ロ)便の詰まりの場合は、タンク内の水の一定量よりも重いウンチをしちゃった場合とか、あるいは朝の便所ラッシュでタンクに水が十分に溜まる前に使用して流してしまったなどいろいろ考えられます。
 その見分け方としては、詰まったときの便器の中の水の色が透明または若干白色の場合は紙茶色の場合は便の場合が多いです。


 この場合は、まずは慌てずに、他の用事でもしながら様子を見ましょう。しばらくして(目安としては30分〜1時間程度)戻ってみると意外と直っていた、なんてことが多いものです。

ただしティッシュペーパーを使って詰まってしまった場合などは、そうは簡単にゆかないかも知れません。見た目は同じでも、流してよい物と流してはいけないものがあります。水に溶けないものは、たとえティッシュペーパーといえど流してはいけません。
 水に溶けない、あるいは溶けにくいものが原因の場合は、その2“固いもの”が原因で詰まっている場合」をご参照ください。


 とにかく1時間以上経過しても詰まりが解消しない、またはティッシュペーパーが原因による詰まりの場合は、下記の方法を試してみましょう。(便詰まりにおいても同様の作業をして見て下さい。)  
 ただ、紙詰まり・便詰まりでも、空気の届かない下の部分に詰まっている場合や異物の場合は、ヤマトグループ にご相談ください。


(1).まずは修理道具を用意します。
 ここではラバーカップ(お椀の形のゴムを逆さに置いて棒がついているもの。通称:ぱこぱこ・すっぽん)という器具を使います。街の金物屋やホームセンターなどで売られています。

(2).次にバケツに水を汲みます。

(3).便器の溝部分に、ラバーカップを空気が漏れないようにかたどって付けます。

(4).ラバーカップを付けたら、バケツに用意していた水を、ラバーカップの黒い(灰色)部分を十分覆うくらいに入れます。

(5).ラバーカップのゴムを少しずらしてバケツの水を入れ、また空気が漏れないように真空状態にします。

(6).ラバーカップをゆっくりと真空状態のまま(このとき両手ではなく、片手はラバーカップの柄、片手はラバーカップのゴムを押さえます)押し込みます。

(7).ラバーカップのゴム部分がぺちゃんこになったら、今度は一気に遠慮なく躊躇なく引き抜きます。なおこの場合、詰まりものを押し込むのではなく、いったん引き戻すようにすることがコツです。

(8).(3)(7)の作業を何度か繰り返しているうちに詰まりものは抜けることが多いです。

(9).詰まりが取れたようであれば、バケツで少しずつ水を流し、水がスムーズに流れるかどうかを確かめます。いきなりタンクの水を流さないように気をつけましょう。詰まりが取れていなかった場合、便器から水があふれてしまいます。


 この作業を何回も繰り返しても直らない頑固な詰まりの場合は
 ヤマトグループ に ご依頼下さい。
戻る


   その2. “固いモノ”が原因で詰まっている(と思われる)場合

 この場合は、“便器を床からはずして詰まっているものを取り出す”といった工事が必要になります。
 一般にホームセンターなどで販売されている工具や材料では、工事後の水漏れや便器を破損してしまう恐れがありますので、その場合はヤマトグループにご相談ください。
戻る


   その3. “排水不良”が原因で詰まっている(と思われる)場合

 便器はどれくらいご使用になっているでしょうか? もうそろそろ交換時かもしれません。

 大体15年〜20年前後使用している便器の場合、便器自体の便器の損耗などが原因で排水不良を起こしていることが多いようです。
 この場合、便器自体の買換えが必要かも知れません。また場合によっては、タンクの交換や床工事・配管工事も必要になる場合もあります。しかし最近は、各メーカーが配管工事を必要としないリフォーム用便器を用意していますので、お手ごろな予算で交換工事を施工することも可能です。

 応急処置も含め、まずはヤマトグループにご相談ください。
戻る

戻る


トイレの水が流れっぱなし・・・どうしよう? 

 トイレの水が止まらない原因はいろいろ考えられます。
 下のチャートにそって原因を突き止めて下さい。


 まずはタンクのふたを開けて、タンク内の水の状態を確認します。


タンクの内面
 (イ)オーバーフロー管から水があふれているか、(ロ)それともオーバーフロー管の先端より下に水面があるかを確認します。そして、(ハ)あふれているならば、ボールタップの浮玉を持ち上げて水が止まるかどうか確認します。
 止まる場合は(A)ボールタップの位置調整不具合、止まらない場合は(B)ボールタップのゆがみが考えられます。

 また、オーバーフロー管の先端より下に水面がある場合は、(C)フロートバルブの鎖のからまり(D)フロートバルブのはずれ(E)フロートバルブの老化(F)ハンドル部の作動不良等が考えられます。


 なお、(g)それで治らない場合は、フロートバルブやパッキンを交換します


(A)ボールタップの止水位調節不良

 タンクの標準水位はオーバーフロー管に「-WL-」と表示されています。 表示のないものは、オーバーフロー管先端から20〜30mm下が標準水位です。

 次の手順で調節しましょう。


1.止水栓を閉じます。

2.レバーを操作してタンクの水を流してしまいます。

3.タンクのふたをはずします。

 なお、タンクのフタは持ち上げるとはずれますが、手洗付でじゃばら管と接続されているものは、フタを持ち上げた状態でネジをゆるめてはずします。

4. 止水位を調節します。

 なお、ボールタップに水位調節機構の付いているものと付いていないものとがありますので、それぞれの方法にしたがって下さい。(下記、詳細説明を参照のこと) 

5.止水栓を開けて、標準水位で止まるようになったかどうかを確認します。 直っていないときはBの処置を繰り返します。このとき、手洗付の場合は手洗側の吐水口から水が飛び散らないように次の処置をします。

6.タンクのふたを取り付けて止水栓を調節しておきます。










補足:ボールタップの止水位調節不良 1
水位調節機構付の場合

 リングを持ち上げて右または左に回すと水位を上下させることが出来ます。 回りにくいときは浮玉を少し押さえて回します。


補足:ボールタップの止水位調節不良 2
水位調節機構なしの場合
浮玉支持棒の中央をプライヤーでつかんで下へ曲げます。
 支持棒の付け根で曲げると折れることがありますので、必ず中央で曲げるようにします。そして、 曲げたあとはロックナットを十分に締めておきましょう。ゆるんでいると浮玉が反転してかえって止水位が高くなってしまいます。

戻る


(B)ボールタップのゴミ噛み

1.止水栓を閉じます。

2.レバーを操作してタンクの水を流してしまいます。

3.タンクのふたをはずします。( ※手洗付でじやばら管と接続されているものはこちらをご参照ください) 

4.ボールタップを次の図の要領で取りはずします。

5.ピストンバルブをはずして、パッキンに噛み込んだゴミを取り除きます。そのときパッキンに傷がある場合は新しいものと交換します。なお、ピストンバルブは蝶ネジ2本を左に回してはずすと取り出せます。

6.上記と逆の手順でピストンバルブをセットし、ボールタップをタンクに取り付けます。

7.タンクの止水位を調節します。

8.タンクのフタを取り付けて止水栓を調節しておきます。


戻る


(C)フロートバルブの鎖のからまり

 鎖のからまりを直して、右の図のように正しくセットします。

<リング状の鎖の場合>
2輪くらいたるませる。

<玉鎖の場合>
4球くらいたるませる。


戻る


(D)フロートバルブのはずれ

 右の図のように、排水弁の本体にフロートバルブを正しくセットします。
戻る
(E)フロートバルブの老化

 フロートバルブは消耗品のため新しいものと交換することが必要です。大きさは2種類あります。
戻る
(F)ハンドル部の作動不良

 ハンドルを操作しても元に戻らないときは、フロートバルブが開まらなくなり漏水しま す。そこで、下図の要領で分解し軸部に付着した水垢かや錆びびなどをサンドペーパー(#600ぐらい)で取り除いて、軸部にグリスまたはシリコンオイルを塗っておきます。

1. ビスをはずします。
2. ハンドルを引き抜きます。
3. 軸をタンク側へ引き抜きます。
戻る



(g)それでも直らない場合

 鎖や本体ともに異常がない場合はフロートバルブが摩耗していることが考えられます。
 その場合は、(イ)フロートバルブを新しいものに交換しましょう。なお、(ロ)フロートバルブの形状が一般型と異なる機種はパッキンを交換します。



鎖とフロートバルブの交換 パッキンの交換
    

戻る



 給水装置は複雑な構造となっています。装置の違いにより上記の方法で止まらない場合もあります。
 詳しくはヤマトグループにご相談ください。

戻る


Newタンクの水のたまりが遅い・・・どうしよう?

 フィルターは水栓などに内蔵されている網目状の部品で、水道水から出るゴミや砂などを取り除く役割を持っています。このフィルターが詰まると、タンクの水が溜まるのに時間がかかる原因になります。その際はフィルターを取り外して掃除をしてください。


 <フィルターのお手入れの俺入れの手順>

  1. まず水の受け皿を用意します。
    ※フィルターを取り外す際に若干の水がこぼれるので、水の受け皿を用意してください。

  2. フィルターを取り外します。
    1. まずは分岐金具の形状を確認します。
    2. フィルターを取り外します。

    ※フィルターの取り外し方は止水栓の形状によって異なります。メーカーに問い合わせるか、取扱説明書に従って作業を行ってください。詳しくはヤマトグループにご相談ください。

  3. フィルターを掃除します。
     フィルターに詰まったゴミを歯ブラシなどで取り除きます。

  4. フィルターを取付けます。
     取り外しと逆の手順で、フィルターを水漏れがないようしっかりと取付けます。
     ※フィルターフタがあるものは、フィルターをフタに差し込んで本体に組み込みます。

  5. 逆の手順で元に戻します。

  6. 止水栓を調節します。
     給水フィルターの水漏れがないか確認します。
     ※止水栓が調整されていれば水の勢いが抑えられるため、ボールタップなど他の部分に故障があっても水がタンクの外にあふれることはありません。止水栓が調整されていないと、排水管から流れ出る量よりもタンクに供給される水の量が多くなる場合があり、タンクの外から水があふれることがあります。

  7. 注意:止水栓を閉めずに修理作業を始めると、タンクから水があふれることがあります。トイレの修理は必ず止水栓を閉めてから行いましょう。



戻る

 
Newウォシュレットのトラブル解決法

 今では、その便利さから各家庭をはじめ一般に普及したウォシュレットですが、ウォシュレットは多機能で便利だからこそ、いつも快適に使いたいものです。しかし、そんなウォシュレットも時として不具合が生じることがあります。


 ウォシュレットにこんな症状ありませんか? 

  1. ノズルから水滴漏れがある
  2. ノズルが伸縮しない
  3. 吐水温度が適温まで上がらない
  4. 脱臭の効きが悪くなった
  5. 水勢が弱い

 など、使用するなかで違和感を感じたことや、あるいは「全く動作しなくなった」「便座やフタが割れた」といった明らかな異常を発見された場合は、ヤマトグループにご相談ください。

  1. ウォシュレットのトラブル原因

     ウォシュレットにはさまざまな機能が備わっているため、トラブルに関しても、細部にわたる個所も含めて数多くのケースがあります。 日常生活において、こまめにチェックすることが必要です。
    1. バルブユニットの故障
    2. ノズルユニットの故障
    3. コントローラユニットの故障
    4. その他、経年劣化(メーカー耐用年数7年)

  2. ウォシュレットのトラブルの修理作業

     機能の故障や各部品の老朽化などさまざまな原因でウォシュレットのトラブルは起こります。
     ウォシュレットは利便性が高く多機能。だからこそ修理のご相談はヤマトグループまでご連絡ください。

  3. ウォシュレットの修理・交換時期の目安

     ウォシュレットの耐用年数は約7年です。そのため、使用年数が7年以上の場合は、1つの部品を交換しても、近日中に他の部品も交換する必要が出てきます。そのため、7年以上使用中の製品は買い替えをオススメします。

  4. その他のトラブル

     ウォシュレットは、水勢を強くすると洗浄時にしぶきが便座にかかることがあります。この現象は構造上完全に防ぐことはできないので、水勢を弱くして使用するか、面倒でも、濡れたらペーパーでそのつどふき取るようにして下さい。


注意1  ウォシュレットは、水勢を強くすると、洗浄時にしぶきが便座にかかることがあります。この現象は構造上完全に防ぐことはできないので、水勢を弱くして使用するか、面倒でも、濡れたらペーパーでそのつどふき取るようにして下さい。
注意2  止水栓を閉めずに修理作業を始めると、タンクから水があふれることがあります。トイレの修理は必ず止水栓を閉めてから行いましょう。

戻る


Newウォシュレットのフィルターのお手入れ法

 ウォシュレットの洗浄用温水の仕組みには、「貯湯式タイプ」と「瞬間タイプ」があります。「貯湯式タイプ」は続けて使用していると洗浄水が次第に水になってしまうという欠点があります。一方で「瞬間タイプ」の場合は、洗浄時に瞬間的に沸かすので、一般的なガス湯沸器のように水勢を強くすると温度が適温まで上がらなくなるため水勢調節の上限を押さえてあるため、勢が余りあまり強くないという問題があります。ただ、どちらにしても洗浄そのものには支障ありません。

 ただ、瞬間タイプ」以外で水の出が悪くなった場合は、フィルターの汚れが原因となっている可能性があります。
 フィルターは、ウォシュレット本体に内蔵されている網目状の部品で、水道水から出るゴミや砂などを取り除く役割を持っています。このフィルターが詰まると、ウォシュレットの水の出が悪くなったりします。その場合はフィルターを外して掃除してください。



<ウォシュレットのフィルターのお掃除手順>

  1. 水の受け皿を用意します。
    ※フィルターを取り外す際に若干の水がこぼれますので、水の受け皿を用意してください。

  2. フィルターを取り外します。
    ※フィルターの取り外し方は止水栓の形状によって異なります。メーカーに問い合わせるか、取扱説明書に従って作業を行ってください。ヤマトグループにご相談ください。
    1. まずは分岐金具の形状を確認します。
    2. フィルターを取り外します。

    ※フィルターの取り外し方は止水栓の形状によって異なります。メーカーに問い合わせるか、取扱説明書に従って作業を行ってください。ヤマトグループにご相談ください。
    ※なお、参考までに下記に「参考:ウォシュレット用分岐金具の種類と取り外し方」をご用意しましたので、こちらを参考にして作業を行って下さい。

  3. フィルターを掃除します。
    フィルターに詰まったゴミを水洗いして、歯ブラシなどを使って取り除きます。

  4. フィルターを取付けます。
    取外しと逆の手順で、水漏れがないようにフィルターをしっかりと取付けます。
    ※フィルターフタがあるものは、フィルターをフタに差し込んで本体に組み込みます。


  5. 逆の手順で元に戻します。

  6. 止水栓を開けます。
    止水栓部から水漏れがないか確認します。
    ※止水栓は開閉金具などで開けてください。

  7. 注意:止水栓を閉めずに修理作業を始めると、タンクから水があふれることがあります。トイレの修理は必ず止水栓を閉めてから行いましょう。


参考:ウォシュレット用分岐金具の種類と取り外し方

<ウォシュレット用分岐金具の種類>
  1. ウォシュレット用止水栓A
  2. ウォシュレット用止水栓B
  3. ウォシュレット用止水栓C
  4. ウォシュレット一体形便器用A(タンクが樹脂製のもの)
  5. ウォシュレット一体形便器用B(タンクが樹脂製のもの)
注意1:デリシア・ロマンシアシリーズやワンピース便器とセットしたウォシュレットの水の出が悪くなったときは、ウォシュレットのフィルターだけでなく、タンク用のフィルターも掃除してください。
注意2:機種によって異なる分岐金具もあります。その場合はウォシュレットの「取扱説明書」をご確認ください。


ウォシュレット用分岐金具Aの取外し方
止水栓の種類の確認:
ウォシュレット用止水栓A
フィルターの取外し手順

(1).マイナスドライバーで、止水栓を時計まわり(右)に回して水を止めます。



(2).マイナスドライバーで、給水ホースとウォシュレット本体の接続部にあるフィルターのフタを反時計まわり(左)に回して取り外します。




ウォシュレット用分岐金具Bの取外し方
止水栓の種類の確認:
ウォシュレット用止水B

フィルターの取外し手順

(1).開閉工具で、止水栓を時計まわり右(右)に回して水を止めます。



(2).開閉工具で、フィルターのフタを反時計まわり(左)に回して取り外します。




ウォシュレット用分岐金具Cの取外し方
止水栓の種類の確認:
ウォシュレット用止水C
フィルターの取外し手順

(1).マイナスドライバーで、止水栓を時計まわり(右)に回して水を止めます。



(2).給水フィルター付水抜栓をマイナスドライバーで反時計まわり(左)に回してゆるめた後、引っ張って外します。


※機種によってフィルターの位置は異なります。「取扱説明書」にてご確認ください。


ウォシュレット一体形便器用A(タンクが樹脂製のもの)フィルターの取外し方
止水栓の種類の確認:
ウォシュレット一体形便器用A(タンクが樹脂製のもの)


フィルターの取外し手順

(1).開閉工具で、止水栓を時計まわり(右)に回して水を止めます。



(2).開閉工具で、フィルターフタを反時計まわり(左)に回して取り外します。


※ウォシュレット一体形便器用(タンクが樹脂製のもの)は止水栓の形が2通りあります。


ウォシュレット一体形便器用B(タンクが樹脂製のもの)フィルターの取外し方
止水栓の種類の確認:
ウォシュレット一体形便器用B(タンクが樹脂製のもの)



フィルターの取外し手順

(1).マイナスドライバーで、止水栓を時計まわり(右)に回して水を止めます。



(2).給水フィルター付水抜栓をマイナスドライバーで反時計まわり(左)に回してゆるめた後、引っ張って外します。


※ウォシュレット一体形便器用(タンクが樹脂製のもの)は止水栓の形が2通りあります。


 この件へのお問合せ、取付方法等はヤマトグループまでご相談下さい。
戻る


New参考:トイレの簡単お手入れ法


参考:トイレの普段のお掃除


 ドアを開けたときにトイレが汚いと、とても嫌な気分になるものです。汚れがちなトイレをキレイにを保つには、汚れに気づいたら、億劫がらずに、その場でお掃除することがポイントです。普段のお掃除じなら、何も特別なことをしなくても、古くなったシャツや布切れと、トイレブラシで充分です。

  1. 便器の内側
     汚れが見えなくても1日1回はトイレ用ブラシでこすりましょう。汚れこびりつきを防ぎ、輪ジミも予防できます。それと、フチ裏も忘れずにお掃除しましょう。

  2. 便座
     充分十分にしぼったやわらかな布で、まずは肌に触れる部分から拭きます。

  3. タンクと便フタ
     汚れの比較的軽いところを拭きます。

  4. 便器の裏
     まずは汚れやすい部分を拭きます。

  5. 便器まわりの床と壁
     イヤな臭いのモトを絶つためにも、小水が飛び散ったら直ぐに拭き取るようにしましょう。


★トイレのお掃除のポイント

  1. 使った人みんなでお掃除を習慣に
     トイレや洗面所をキレイに保つコツは、利用した人の協力を得て、気づいた人がその場でお掃除することがポイントです。洗剤は必要ありません。

  2. 汚れをためない、そのままにしない
     汚れてからお掃除するよりも、「汚れるなる前のお掃除」を心がけましょう。特にトイレでは、便器や便座の汚れ、タンク表面の結露や床にこぼれた小水などは、気がついたらさっと拭き取る習慣をつけましょう。

  3. ピカピカの便器や水栓で、イメージアップ
     トイレ全体をキレイに見せるポイントは、便器や水栓をピカピカにしておくことです。それだけで印象がワンランクアップします。

  4. まとめのポイント:

    ポイント1:トイレに入ったついでにさっとお手入れを・・・
    ポイント2:家族の協力を得て、汚したときには直ぐにお掃除を・・・
    ポイント3:お掃除道具はみんなの取りやすいところに・・・


戻る


またまたトイレが詰まった・・・よく詰まる便器の解消法

不特定多数の方がご使用のために、異物投入でよく詰まる施設に朗報です。


 よく詰まる便器・・・その対応に苦労しなくてもすむ掃除窓付き便器のご紹介です。

 昔、高速道路パーキングエリアのトイレはイタズラなどによる便器の詰まりが多数発生しました。その経験から生まれた便器をご紹介します。

 便器の前面下方、S管の前がキャップナットで開けることができる窓付きになっています。窓を外して詰まった異物投入物を取り出せるので、いちいち便器を外す手間がいりません。
 便器汚物詰まりでお悩みの店舗・施設・病院等へオススメします。

 この商品へのお問合せ、取付方法等はヤマトグループまでご相談下さい。
戻る


便器の構造って一体どうなっているの? 

 水洗便器は常時水がたまっていますが、この水たまりは排水路に堰(せき)を設けてつくってあります。水たまりの量はこの堰の位置で決まり、便器の洗浄方式によって異なります。水の量を多くしたり少なくしたりの調節はできません。
 また、排水路はくねくねとねと曲がっていますが、これはサイホン作用を起こさせるためで、水を流すと排水路内が満水状態になって流れるため、その結果、負圧となり、サイホン作用が起こるのです。サイホン作用を利用しない洗落し式は、このようにくねくねと曲げる必要がないので、構造がとても簡単です。
戻る


Newトイレの水節水方法を教えてください。

家庭で使う水の20%がトイレで流される水です。
簡単な節水方法で水の消費が大きく変わります。
  • ペットボトル(1.5リットルくらい)などのボトルに水を満たし、ロータンクへ沈めます。毎回ボトルの容量分水が節約できます。

    注意:内部のロッドなどの干渉にはご注意ください
     漏水を起こして逆効果になったり、あるいは水が流れなくなったりします。干渉した状態で無理にレバーを操作すると故障の原因になります。レンガなど汚れやカケラの出るものはおすすめできません。
  • フラッシュバルブ式のトイレの場合はバルブを絞るだけで節水できます。これは誰でも簡単にできますが、詳しいことはヤマトグループにお問合せください。
  • マル秘技?・・・ちょっと面倒でも効果は大。水道からの給水を止め、風呂の余り水をロータンクへ。でも、あまり実用的でないかも知れませんが・・・
戻る


Newトイレの止水栓の閉め方と調節方法

 止水栓には、故障時に水を止める役割と水勢を調節する役割とがあります。
 トイレの修理をするときは、まず止水栓を閉めましょう。うっかり止水栓を閉め忘れると、作業中にタンクから水があふれて大変なことになります。



<止水栓の閉め方>

 止水栓を閉めずに修理作業を始めるとタンクから水があふれることがあります。トイレの修理は必ず止水栓を閉めてから行いましょう。

  1. まずは止水栓の位置を確認します。

    タンク密結形便器の場合 ワンピース便器の場合
    ※ウォシュレットが付いている場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしてください。


  2. 止水栓を閉めます

     止水栓はマイナスドライバーで時計回り(右)に回すと閉まります。

     止水栓が見当たらない場合:
    一軒家の場合
    宅地内の地面にあります
    アパートの場合
    玄関横のパイプ
    シャフト内にあります


     タンクまわりに止水栓が見当たらない場合は家屋全体の元栓で閉めます。元栓は水道メーターの近くに付いていますが、場所や形は種類や新旧によって違います。何れも時計回り(右)に回すと閉まります。







  3. 修理が終わったら止水栓を開けます。


止水栓の調節方法>

 万一故障があっても、水が止まらなくなっても、タンクから水があふれないように止水栓の調節をしておきましょう。また、給水音の大きさが気になるときも止水栓を調節することができます。

  1. まずは止水栓の位置を確認します。

     ※上記の「止水栓の閉め方」をご覧ください。

  2. トイレのタンクのフタを開けます。



     まずタンクのフタを垂直に持ち上げます。

     持ち上げるだけで外れるタイプもあります。持ち上げるだけで外れないタイプは、手洗カランとボールタップが樹脂製のじゃばら管で接続されています。この場合は、まずフタを起こし、手洗管に接続している部分のナットを手で反時計回り(左)に回すと外れます。


    ※なお、タンクのフタ内側に樹脂カバーがあるタイプの場合は、下の図を参考にしてください。


  3. 止水栓を調節します。


     浮玉を手で下まで押し下げて止水栓を徐々に開いてください。この状態で水面がオーバーフロー管より1cm以上上昇しない程度に止水栓を開け、調節してください。


  4. タンク内の水位を確認します。


     タンク内の水位が正常かどうか確認します。正常時の水位は「−WL−」の位置にあります。表示のないものはオーバーフロー管の先端から2〜3cm下が正常な水位です。
     水位に異常がある場合は、直接メーカーかに連絡するか、ヤマトグループまでご相談ください。


  5. タンクのふたを閉めます

     2の「タンクのふたを開けます」と逆の手順でふたを閉めます。


     タンクのフタ内側に樹脂カバーのあるタイプの場合:
     手洗付の場合は、A部をB部に差し込んでタンクフタを乗せてください。


  6. 注意:止水栓が調整されていれば水の勢いが抑えられるため、ボールタップなど他の部分に故障があっても水がタンクの外にあふれることはありません。一方で止水栓が調整されていないと、排水管から流れ出る量よりもタンクに供給される量が多くなる場合があり、タンクの外から水があふれることがあります。

 この件へのお問合せ、取付方法等はヤマトグループまでご相談下さい。

戻る



Newその他のトイレのトラブル

  • タンクの水位の調節方法
    1. 水位調節機構付きボールタップの場合

       調整リンクを引き上げて回して水位調節します。

    2. 水位調節機構なしボールタップの場合

       浮玉(白いボール玉)の棒を曲げて水位調節します。このとき棒の付け根で曲げると折れることがありますので、必ず棒の中央で曲げて下さい。

  • タンクのレバーが壊れた

     レバーハンドル部の交換が必要です。直接メーカーかに連絡するか、ヤマトグループまでご相談ください。

  • タンクの鎖が切れた

     ご使用のタンクにより交換する部品が違いますので、直接メーカーかに連絡するか、ヤマトグループまでご相談ください。

  • ロータンクの手洗い金具から水が出ない(少ない)

     水が流れない原因としては、
    1. 手洗金具接続部のホース外れや破損
    2. ロータンクのストレーナの詰り
    3. ボールタップの調圧弁の故障(※調圧弁:タンク側と手洗い側に分配される水量を調整するもの)

     などがあります。

     まずは、手洗金具にじゃばら管ホース(古いものは銅管仕様のものも)が正しく接続できているかご確認ください。接続し直しても解消できない場合はご購入された取付工事店かメーカーに連絡するか、ヤマトグループまでご相談ください。


戻る