暮らしに役立つヤマトのワンポイントアドバイス
インデックスページに戻る
ヤマトが集めた身近な情報    更新2017-09-01

神奈川エリア イベント情報

2017年 9月




各地イベント情報
■ 各地の朝市&その他の情報
毎月開催されている朝市その他の即売会などの情報をまとめて紹介
※開催の有無や詳細については、各地開催者までお問い合わせ下さい
毎月開催
□ 三浦市 三崎&金田の朝市
9月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日) ※毎日曜日開催
葉山町・鐙摺港/
京浜急行電鉄新逗子駅又はJR逗子駅より京浜急行バス海岸廻り葉山行きで(6分)鐙摺下車、徒歩1分
写真
■場所:三浦郡葉山町・鐙摺港、※30日のみ森戸神社
 ※毎日曜日開催、年始第一日曜日&年末最終日曜日のみ休業
■時間:8時半〜(※売り切れ次第終了)
■内容:毎日曜日の9〜11時にラ・マーレ・ド・茶屋の裏手の鐙摺港で行なわれている朝市です。サザエやアジの干物などの魚介類や乾物類だけでなく、けんちん汁やイクラ丼などの手作り料理も並びます。開始前に行列が出来るほどの人気です。
お問合せ:永楽家 046-875-0315

□ 葉山町 葉山の朝市
9月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日) ※毎日曜日開催(年末年始を除く)
葉山町・鐙摺港/
京浜急行電鉄新逗子駅又はJR逗子駅より京浜急行バス海岸廻り葉山行きで(6分)鐙摺下車、徒歩1分
写真
■場所:三浦郡葉山町・鐙摺港、※30日のみ森戸神社
※毎日曜日開催、年始第一日曜日&年末最終日曜日のみ休業
■時間:8時半〜(※売り切れ次第終了)
■内容:毎日曜日の9〜11時にラ・マーレ・ド・茶屋の裏手の鐙摺港で行なわれている朝市です。サザエやアジの干物などの魚介類や乾物類だけでなく、けんちん汁やイクラ丼などの手作り料理も並びます。開始前に行列が出来るほどの人気です。
お問合せ:永楽家 046-875-0315

□ 二宮町 海の朝市
9月2日(土)
梅沢海岸/

■場所:梅沢海岸(二宮町漁業協同組合事務所下)
■時間:午前8時〜(※鮮魚販売のみ午前8時15分に整理券配布、8時30分から販売開始)
※売り切れ次第終了。
※シケ等により朝市が開催できない場合があります。
■内容:鮮魚・野菜などを昔ながらの戸板販売でお待ちしています。また、無料体験地引網、定置網船からの水揚げが見学できます。
お問合せ:二宮町漁業協同組合 0463-71-1006

■ 平塚市 湘南ひらつか☆ふれあいマーケット
9月24日(日)
平塚市総合公園・南駐車場/
平塚駅西口より徒歩25分、または平塚駅北口バスターミナル4番線よりバス(約7分)で総合公園下車(※4番線のうち平67系統田村車庫行き以外の神奈中バスは全て総合公園を経由します)

■場所:平塚市総合公園・南駐車場
■時間:7:00〜8:00
■内容:生産者と市民がふれあいながら楽しんで買い物ができる憩いの場、湘南ひらつかふれあいマーケット。新鮮な野菜や魚、湘南ひらつか名産品、焼き立てのパン、ほくほくのコロッケなど様々な商品を販売しています。ハロウィンイベントも開催します。
お問合せ:平塚市役所産業振興部産業振興課 0463-21-9758



□ 藤沢市 龍の口☆大骨董市
9月17日(日) ※毎月第3日曜日開催
龍口寺境内/江ノ電江ノ島駅から腰越方面へ徒歩2分

■場所:龍口寺境内
■時間:日の出〜日没
■内容:龍口寺境内で毎月開かれる恒例の骨董市
お問合せ:龍口寺 0466(25)7357



■ 相模原市 田名八幡宮の獅子舞
長い間中断していた慶安年間に伝えられたと言われる1人立ちの3匹獅子舞
9月1日(金)
田名八幡宮/JR橋本駅南口又はJR相模原駅又はJR淵野辺駅から水郷田名行きバスで水郷田名下車、徒歩5分

■場所:田名八幡宮(相模原市田名)
■時間:道行 午後4時50分頃〜、境内奉納 午後5時頃〜
■内容:この獅子舞は慶安年間に伝えられたと言われる1人立ちの3匹獅子舞で、長い間中断していましたが、昭和49年に地域の人々の努力により復活しました。男獅子・女獅子・子獅子・バンバの4人で構成され、他に先導役の天狗と2人の花笠(ささら)がつきます。途中で女獅子が隠れるいわゆる「女獅子隠し」があります。
お問合せ:相模原市教育委員会文化財保護室 042(769)8371

■ 横浜市 ハマこい 2017
ハマでよさこい踊り
9月2日(土)
パシフィコ横浜、クイーンズスクエア横浜、横浜ランドマークタワー他/

■場所:パシフィコ横浜、クイーンズスクエア横浜、横浜ランドマークタワー他 ※荒天中止
■時間:9:30〜19:00(予定)
■内容:高知よさこい踊りを基本モデルに、音楽や踊りにヨコハマらしい独自のスタイルを取り入れたハマこい踊りをみなとみらい地区で開催します。

◇参照HP:https://www.hamakoi.info/
お問合せ:ハマこい事務局(平日9:30〜18:00) 045-451-0863

□ 横浜市 ヨコハマ恐竜展 2017〜動く!ほえる!恐竜の森〜
横浜で恐竜体験
7月15日(土)〜9月3日(日)
パシフィコ横浜展示ホールA/みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩約5分

■場所:パシフィコ横浜展示ホールA
■時間:10:00〜16:30(※最終入場16:00)
■内容:日本最大級! 動く恐竜の森、米国より上陸! 化石発掘の権威、米国ブラックヒルズ地質学研究よりティラノサウルス、トリケラトプスの全身骨格を展示。オルニトミモサウリアやその他多数の貴重な恐竜化石を鑑賞したその先に待ち構えるのは巨大な恐竜の森。12mの実物大ティラノサウルスをはじめ、トリケラトプスやデイノニクスなど人気の恐竜17匹が動きほえる!

◇参照HP:http://yokohamakyoryu.jp/
お問合せ:ヨコハマ恐竜展2017事務局 045-232-4923

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆はじめての草笛教室
草笛に触れよう
9月7日(木)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
■時間:10:00〜11:00
■内容:草笛初心者向けの教室です。葉の選び方や持ち方、息の出し方などを学び、音を出せるように練習します。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 大磯町 大磯照ヶ崎海岸☆汐汲み神事
150年ぶりの伝統行事
9月9日(土)
大磯照ヶ崎海岸/大磯駅より徒歩10分

■場所:大磯照ヶ崎海岸 ※雨天時は14日
■時間:10:00〜
■内容:伊勢原市内高部屋神社で平安時代から続くと言われる伝統神事が150年ぶりに復活。海岸で海水・海藻・浜砂を採取し持ち帰り、17日に行なわれる例大祭に備えます。
お問合せ:高部屋神社総代(服部) 0463-94-1390

■ 箱根町歩く会
箱根の町を歩きましょう!
9月9日(土)
9時20分南足柄・地蔵堂/
写真
■出発時間及び場所:9時20分南足柄・地蔵堂
■コース:鎌倉古道と足柄城址コース 鎌倉古道〜聖天堂〜足柄峠〜伊勢宇橋〜足柄駅 ※帰路:足柄駅からJR移動
※お弁当は各自ご用意下さい。
■参加費:500円 ※なお、初めての方は初回料金としてバッチ代500円が必要です。
※ハイキングよりは多少キツイ山道なども歩きますので、それなりの準備をお願いします。
お問合せ:事務局 0460‐5‐6788(会長宅)

□ 横浜市 放送ライブラリー☆世界遺産20年の旅展
世界遺産を知ろう
7月14日(金)〜9月10日(日)
放送ライブラリー・展示フロア/みなとみらい線日本大通り駅下車真上のビル

■場所:放送ライブラリー・展示フロア
※月曜日休館(祝日の場合は翌平日休)
■時間:10:00〜17:00
■内容:TBS「世界遺産」放送20周年記念企画。1996年4月から放送されているTBSの「世界遺産は昨年4月に放送20年、今年の4月に通算1000回の放送を迎えました。本展では、TBS「世界遺産」のプロデューサーやディレクターなど番組スタッフの視点で、番組及び世界遺産の魅力を伝えます。

◇参照HP:http://www.bpcj.or.jp/
お問合せ:放送ライブラリー 045-222-2828

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆自然観察会「里山の秋の草花」
草笛に触れよう
9月10日(日)

神奈川県立四季の森公園/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園 ※雨天決行
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日13時に開催場所に集合
■時間:13:00〜14:30
■内容:四季の森公園で里山管理を行っているNPO法人四季の森里山研究会による自然観察会です。今回のテーマは里山の秋の草花です。園内の動植物を観察しながら解説します。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 川崎市 菅の獅子舞
県無形民俗文化財の躍動感溢れる一人立ちの三頭獅子舞
9月10日(日)
菅薬師堂/JR南武線稲田堤駅から徒歩10分、京王線京王稲田堤駅から徒歩約12分
写真
■場所:菅薬師堂(多摩区)
■時間:9:00〜 子ども相撲、14:00〜 獅子舞(予定)
■内容:毎年、薬師様の命日である9月12日に近い日曜に薬師堂境内の土俵で行なわれる躍動感溢れる県指定の無形民俗文化財の獅子舞です。菅の獅子舞は雄獅子・雌獅子・臼獅子と天狗(幣負)の4人で舞う1人立3頭形式で、五穀豊穣、疫病退散を祈って行なわれます。
お問合せ:菅薬師堂 044(944)7377

■ 厚木市 来てぼうさい、遊んでぼうさい。かながわ防災フェア 2017
防災について考えよう
9月10日(日)
神奈川県総合防災センター/
JR相模線門沢橋駅より徒歩30分、
または小田急線愛甲石田駅より徒歩30分、または同駅2番バス乗り場より伊勢原駅南口行き又は(平68)平塚駅北口行き(伊80)バスで長沼バス停下車、徒歩5分

■場所:神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280)
※事前申込不要・参加費無料、天候により催し物を変更する場合があります。
■時間:9:30〜15:00
■内容:神奈川県総合防災センターでは、9月10日(日)に「来てぼうさい、遊んでぼうさい。かながわ防災フェア2017」を開催します。防災用品や消防車両の展示をはじめ、ちびっこ消防隊やレスキュー隊といった体験コーナーなど見て・触れて・体験して、災害に対する備えや災害が起きた時の対応などについて楽しみながら学ぶことができます。また、県営水道のカッピーや厚木市のあゆコロちゃん、川崎市消防局の太助も遊びに来てくれます。イベント当日も、地震体験などができる防災情報・体験フロアは開館しています。皆様のお越しをお待ちしております。
お問合せ:神奈川県総合防災センター・防災企画課 046-227-0001

■ 藤沢市 龍口寺☆法難会
日蓮聖人の法難を偲んで行なわれます
9月11日(月)〜12日(火)
龍口寺/江ノ電江ノ島駅下車徒歩5分





■場所:龍口寺(藤沢市片瀬3−13−37)
■時間;牡丹餅撒きは12日(月) 18時〜(2回目の牡丹餅撒きは13日0時からも行なわれます)、万灯練り供養は12日(月)19時〜
■内容::日蓮が斬首されようとした時に江の島方面から強い光が当たり、難を逃れたというのが龍の口法難の由縁です。メインは万灯練り供養と牡丹餅撒きで、また、夜店も立ち並び、大変な賑わいを見せます。
お問合せ:龍口寺 0466(25)7357

■ 横浜市 黄金町バザール 2017〜Double Facade 他者と出会うための複数の方法☆Vol.1〜
アジアとの交流を
8月4日(金)〜9月13日(水)
初黄・日ノ出町地区(黄金町エリア)、京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スタジオ他/
京急日ノ出町駅又は黄金町駅下車、徒歩約3分

■場所:初黄・日ノ出町地区(黄金町エリア)、京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スタジオ他
■時間:料金:黄金町バザール2017のみの入場は700円
■内容:アジアとの交流をテーマに毎年開催している黄金町バザール。10回目となる今回はゲストキュレーターに窪田研二氏を迎え、双方向から働きかけ合う関係、そして、互いに異質性を理解しながら、互いに敬意をもって共存する世界について問いかけることをテーマに開催し、多彩な内容で展開します。
※Vol.1とVol.2とで一部展示替えあり

◇参照HP:http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2017/
お問合せ:NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター 045-261-5467

■ 鎌倉市 護摩焚き供養
御利益を祈願をしよう!
9月13日(水)
虚空蔵堂/江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分

■場所:虚空蔵堂(坂ノ下)
■時間:午前11時、午後2時
■内容:虚空蔵菩薩は人々に福徳・知恵を授け全ての願いを満たしてくれると言われます。毎年1月・5月・9月の13日に開帳されます。
お問合せ:成就院 0467-22-3401

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆草笛で曲を吹こう
草笛に触れよう
9月14日(木)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室) ※雨天決行
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
■時間:10:00〜11:30
■内容:「草笛で曲が吹けるようになりたい!」という方におススメの教室です。強い音の出し方や音程の変え方などを学び、曲が吹けるように練習します。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 藤沢市 遊行寺☆薄念仏会
9月15日(金)
遊行寺/
藤沢駅北口より徒歩15分、又は藤沢駅北口5番乗り場より戸塚バスセンター行きバスで藤沢橋下車、徒歩2分

■場所:遊行寺
■時間:法話13:30〜、法要14:00〜
■内容::宗祖・一遍上人が奥州江刺の里で祖父の墳墓を弔う時に行った念仏法会です。
お問合せ:遊行寺 0466-22-2063

■ 鎌倉市 鶴岡八幡宮☆例大祭&神幸祭
古都・鎌倉で神輿渡御や迫力ある流鏑馬など
9月14日(木)〜16日(土)
鶴岡八幡宮/JR横須賀線鎌倉駅から徒歩約10分

■場所:鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)
■内容:毎年盛大に執り行なわれる例大祭は当神社で最も大切な祭典であり、文治3(1187)年、源頼朝公により行なわれた放生会が始まりです。期間中は献茶会や献華会・武道大会・音楽会・日本舞踊などの神賑行事が奉納され、多くの参拝者で賑わいます。800年にわたる伝統を誇る流鏑馬神事は特に有名で、鎌倉時代の狩装束を身につける射手達が馬に乗って駆け抜けながら3カ所の的を次々と射抜く見事な技を見ることが出来ます。


写真△9/14(木)
・宵宮祭 午後6時〜
 翌日に控えた例大祭の齋行を大神様にご奉告します。


△9/15(金)
・例大祭 午前10時〜
 神社本庁より幣帛を奉る献幣使を迎え、宮司以下神職、巫女、八乙女が奉仕し、大勢の参列者を迎えて厳かに執り行なわれます。

・神幸祭 午後1時〜
 大神様を神輿にお遷しして氏子区域を親しくお渡りいただくお祭です。氏子により神輿3基を御本殿から担ぎ下ろし、宮司以下神職、錦旗、神馬、提灯、太鼓、盾、弓矢などからなる数百メートルの行列が若宮大路を二の鳥居まで進みます。この鳥居の下には御旅所が設けられ、緑の千早、緋袴姿の八乙女たちによる八乙女舞が行なわれます。


△9/16(土)
・流鏑馬神事 午後1時〜
 境内の馬場で鎌倉時代さながらの狩装束の射手が馬で駆け抜けながら三枚の的を射抜く勇壮な神事で、源頼朝公の時代より約800年の伝統を受け継いでいます。

・鈴虫放生祭 午後5時〜
 例大祭で神前にお供えした鈴虫を神域の自然の中に放す神事です。
お問合せ:鶴岡八幡宮 0467-22-0315

■ 川崎市 白幡八幡大神☆禰宜舞
伝統的な舞を披露
9月17日(日)
白幡八幡大神/
東急田園都市線宮前平駅南口1番又は北口4番乗り場より溝15系統バス、又は東急田園都市線又はJR南武線溝の口駅南口1番乗り場より溝16系統バスで白幡八幡前下車、徒歩3分、
または東急田園都市線又はJR南武線溝の口駅南口2番乗り場より溝17又は18系統バス、又は小田急線又はJR南武線登戸駅生田緑地口より登05系統バスで平下車、徒歩5分

■場所:白幡八幡大神(宮前区平4-6-1)
■内容:舞の起源ははっきりしませんが、慶長五年(1600)徳川家康関ヶ原御出陣の際、戦勝御祈願の為、平村白幡八幡社の神主小泉に太々神楽を興行させたのが始まりと言われ、今日に伝わっています。一子相伝にて伝えられ、舞われています。
※川崎市文化財・川崎市 市重要習俗技芸指定

◇参照HP:http://www.shira80000.com/
お問合せ:白幡八幡大神 044-977-5639

■ 藤沢市 宇都母知(うつもち)神社☆例大祭
9月17日(月)
宇都母知神社/JR辻堂駅又は小田急江ノ島線湘南台駅から神奈中バスで慶応大学前下車約10分


■場所:宇都母知神社
■時間:9:00〜 例大祭、10:00〜 神輿渡御
■内容:神輿は百数十貫と言われる豪華なもので、毎年例祭日には氏子をはじめ近隣の崇敬者達多数により渡御が行なわれます。
お問合せ:宇都母知神社 0466-48-1427

■ 大磯町 おおいそ邸園コンサート
9月17日(日)
旧吉田茂邸地区庭園/

■場所:旧吉田茂邸地区庭園
■時間:14:00〜15:00
■内容:和風にモダニズムを加えた日本庭園の先駆けである旧吉田茂邸の庭園で、倉沢よしえさんがギターの弾き語りにより皆様にも聞き馴染みのある曲を中心とした演奏を行ないます。爽やかな風が吹き抜ける庭園にギターの音色と力強い歌声が広がります。
お問合せ:大磯城山公園管理事務所 0463-61-0355

■ 相模原市 相模原☆よさこいRANBU!
相模原でよさこい踊りが炸裂!
9月17日(日)
JR横浜線古淵駅周辺/

■場所:JR横浜線古淵駅周辺
■時間:10:10〜16:00
■内容:相模原よさこいRANBU!は地域の誰もが想うふるさとづくりを目的に始められたイベントで、若者を中心とした各チームが工夫を凝らした衣装を身に纏い、オリジナルの曲に合わせて、路上などの特設ステージで繰り広げるエネルギッシュでダイナミックな踊りが特徴です。また、総勢1000人を超える全参加チームでの総踊りは迫力満点で、観客も思わず引き込まれてしまいます。
お問合せ:相模原よさこいRANBU! 実行委員会事務局 042-748-3921

■ 伊勢原市 伊勢原大神宮☆例大祭
9月17日(日)〜18日(月)
伊勢原大神宮/伊勢原駅北口より徒歩10分

■場所:伊勢原大神宮
■時間:17日 17:00〜 宵宮祭/18日 9:30〜 例大祭
■内容:18日の宵宮祭では太鼓の演奏や舞踏が披露され、19日の例大祭では神輿の行列や餅まき、歌謡ショーが行なわれます。
お問合せ:伊勢原大神宮 0463-96-1611

■ 鎌倉市 御霊神社例祭と面掛行列
お面をつけた人々が鎌倉のまちを練り歩きます
9月18日(月)
御霊神社/江ノ電長谷駅から徒歩約5分
写真

■場所:御霊神社(坂ノ下)
■時間:正午〜 例祭、午後1時〜 五穀豊穣を祈る鎌倉神楽、午後2時半〜3時半 面掛行列
■内容:伎楽面をつけた10人の坂ノ下の人々が神輿の前に練り歩く。
お問合せ:御霊神社 0467(22)3251

 藤沢市 小出川☆彼岸花花まつり
彼岸花を愛でよう
9月23日(土)
遠藤、小出川沿い(大黒橋〜追出橋)/
小田急江ノ島線湘南台駅西口から慶応大学行きバスで慶応大学下車、徒歩10分、またはJR辻堂駅北口から慶応大学行きバスで刈込下車、徒歩1分


■場所:遠藤、小出川沿い(大黒橋〜追出橋) ※小雨決行、雨天順延
■内容:小出川沿いに約3kmに渡って彼岸花が咲きます。小出川周辺は長閑な田園風景が広がり、散歩するには最適な環境です。※彼岸花の見頃は9月下旬〜10月上旬頃。
お問合せ:御所見市民センター 0466-48-1002/遠藤市民センター 0466-87-3009

□ 箱根町 ポーラ美術館☆開館15周年記念展「ピカソとシャガール愛と平和の讃歌」
ポーラ美術館の催し
3月18日(土)〜9月24日(日)
ポーラ美術館/箱根登山鉄道強羅駅より観光施設めぐりバス(13分)にてポーラ美術館下車

■場所:ポーラ美術館
※入館料:大人1800円、シニア(65歳以上)1600円、大学生・高校生1300円、小中学生生(土曜日無料)700円
■時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
※展示替のため5/12(金)は一部休室、6/21は企画展示室は休室。
■内容:20世紀を代表する芸術館パブロ・ピカソとマイク・シャガールは、前衛芸術の中心地であった20世紀初頭のパリを拠点にそれぞれ独自のスタイルを切り拓きました。その後も二度に渡る世界大戦を経験しながらも、時代に向き合い、生涯にわたって旺盛に制作を続けました。共に20世紀の芸術を牽引した彼らは、同じ時代に生きた同志でもあったのです。本展覧会は、約80点に及ぶ二人の絵画作品と共に、タペストリー作家との協働により制作さらた大型タペストリーを通してその創造の軌跡をご紹介します。

◇参照HP:http://www.polamuseum.or.jp/
お問合せ:ポーラ美術館 0460-84-2111

■ 海老名市 第25回 中新田☆かかしまつり 
案山子を愛でよう!
9月9日(土)〜24日(日)
中新田コミュニティセンター北側の水田/小田急線&JR相模線厚木駅より徒歩8分




■場所:中新田コミュニティセンター北側の水田
■内容:海老名の秋の風物詩、かかしまつり。毎年その年に活躍した人物・アニメキャラクターなど趣向を凝らした作品が多数出展されます。今年は中新田地区のみでの開催です。
お問合せ:中新田かかしまつり実行委員会事務局(海老名市農政課) 046-235-4844

■ 大磯町 七賢堂☆特別開扉
9月22日(金)〜24日(日)
旧吉田茂邸・七賢堂/


■場所:旧吉田茂邸・七賢堂
■時間:10:00〜16:00
■内容:旧吉田茂邸地区庭園は、平成25年9月22日に開園してから3年目を迎えるのに併せ、焼失を免れた七賢堂を開扉し中をご覧いただけます。開扉期間中は、NPO法人大磯ガイドボランティア協会の方による現地説明を行ないます。なお、焼失した旧吉田茂邸も来年春のオープンに向け、外観が遠くから見られるようになりました。

□七賢堂:伊藤博文が大磯町滄浪閣内に建てた四賢堂を吉田茂が現在地に移築したもので。当初は岩倉具視、大久保利通、三条実美、木戸孝允の4人が祀られ、その後、伊藤博文、西園寺公望、吉田茂が祀られました。内部に7人の写真が掲げられていました。
お問合せ:大磯城山公園・管理事務所 0463-61-0355

■ 藤沢市 遊行寺☆開山忌
開山の一遍上人を偲んで行なわれる法要
9月21日(木)〜24日(日)
遊行寺/JR藤沢駅より徒歩20分、または藤沢駅北口からバスで藤沢橋下車、徒歩3分
写真

■場所:遊行寺
■内容:一遍上人を偲んで行う秋の法要です。盆踊りのルーツとされる踊り念仏披露の他、遊行おどりや稚児行列、法話会などを行ないます。また、境内は露店が出て賑わいます。
お問合せ:遊行寺 0466(22)2063

■ 藤沢市 藤沢市民まつり
藤沢市民のお祭り
9月23日(土)〜24日(日)
藤沢駅周辺、秋葉台公園、文化体育館、遊行寺/
秋葉台公園・文化体育館方面:湘南台駅西口より【湘15】系統・文化体育館行きバスで終点下車、または【湘19】&【湘23】系統バスで遠藤下車、徒歩5分


■場所:藤沢駅周辺、秋葉台公園、文化体育館、遊行寺園
■時間:23日 10:00〜20:00、24日 10:00〜17:00
■内容:市内最大のお祭り藤沢市民まつりが今年も2日間に渡って開催されます。大パレードやお神輿、マーチングバンド、ステージなどが行なわれ、また、ミナパーク周辺は屋台村などで賑わいます。
お問合せ:藤沢市民まつり実行委員会 0466-55-6883

■ 秦野市 第70回 秦野たばこ祭
9月23日(土)〜24日(日)
秦野市役所、本町小学校、本町四ツ角周辺/小田急小田原線秦野駅下車

■場所:秦野市役所、本町小学校、本町四ツ角周辺
■時間:10:00〜20:00
■内容:江戸時代から葉たばこの名産地として知られ、秦野市の発展に大きな役割を果たして来たたばこ耕作。たばこ農家の慰労のために始まった秦野たばこ祭は今年で70回の節目を迎えます。恒例の催しに加え、子供から大人まで楽しめる記念事業も多数開催。多彩なイベントが目白押しの2日間をお楽しみ下さい。

◇参照HP:http://www.kankou-hadano.org/tabakomatsuri/
お問合せ:秦野たばこ祭実行委員会(秦野市観光課内) 0463-82-5111(代表)

■ 横浜市 四季の森公園☆キノコ観察会
9月24日(日)

神奈川県立四季の森公園/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園 ※雨天決行
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日13時に公園管理事務所前(公園北口)に集合
■時間:13:00〜15:30
■内容:全国森林インストラクターが講師となり、園内で観察できたキノコの名前や特徴、似ているキノコとの見分け方などを説明します。
※服装:長そで、長ズボン、履き慣れた運動靴
※持ち物:新聞紙(朝刊1日分程度)、レジ袋(大きめのもの3〜4枚)

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆健康体操
健康体操をしよう!
9月24日(日)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室) ※雨天中止
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
※持ち物:水分・フェイスタオル・帽子、動きやすい格好でお越しください。
■時間:10:00〜11:00
■内容:「日常生活を快適に暮らして、体も心も元気に!」を目指して、腰痛・肩こり・ひざの痛みを和らげ、バランスのとれた筋力を保つために体操を行います。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 平塚市 第18回 村井弦斎まつり 
ベストセラー作家を偲んで
9月24日(日)
村井弦斎公園/JR平塚駅南口より徒歩5分

■場所:村井弦斎公園
■時間:午前10時〜午後2時半
■内容:平塚に暮らしたベストセラー作家・村井弦斎の遺徳を偲び、その功績を伝えるために実施いたします。弦斎ゆかりの写真・著書の展示や再現料理の試食、野点・茶道体験教室、琴や尺八の演奏、いちご飴掴み取り、紙芝居、お弁当やお菓子の販売の他、平塚産農産物PRキャラクターのベジ太も参加します。
お問合せ:平塚市教育委員会社会教育課文化財保護担当 0463-35-8124

■ 小田原市 宗我神社☆祭礼 
9月24日(日)
宗我神社/JR御殿場線下曽我駅から徒歩約10分

■場所:宗我神社(小田原市曽我谷津387)
■時間:午前10時00分〜午後4時00分頃
■内容:宗我神社は、長元元(1028)年、宗我播磨守保慶の建立で、宗我氏の祖先を祀った神社と言われています。曽我郷六ヶ村(上曽我、曽我大沢、曽我谷津、曽我岸、曽我原、曽我別所)のそれぞれの鎮守を明治時代に合祀し、曽我の里の総鎮守となっています。宗我神社祭礼は五穀豊穣を願う祭礼で、午前中は各地区の山車5台と神輿1基がそれぞれの地区を回り、午前11時頃になると猿田彦を先頭にお宮入りがあります。お宮入り後、1台の山車に高砂の人形が飾られ、お囃子と舞を奉納した後、下曽我駅に向かいます。
お問合せ:宗我神社宮司 0465-42-1282

□ 茅ヶ崎市 茅ヶ崎市開高健記念館&茅ヶ崎ゆかりの人物館☆
   企画展「開高健・城山三郎二人展〜茅ヶ崎を愛した二人の足跡を辿って〜」
開高健と城山三郎
4月15日(土)〜9月30日(土)
茅ヶ崎市開高健記念館&茅ヶ崎ゆかりの人物館/

■場所:茅ヶ崎市開高健記念館&茅ヶ崎ゆかりの人物館
※観覧料:各館200円、両館共通の観覧料は300円
■時間:金・土・日・祝日に開館 4月から10月 10:00〜18:00
■内容:茅ヶ崎市開高健記念館と茅ヶ崎ゆかりの人物館では、企画展「開高健・城山三郎二人展〜茅ヶ崎を愛した二人の足跡を辿って〜」を開催しています。お二人が茅ヶ崎に残した足跡と交流のあった人々の言葉を辿りながら、一人の人間としての開高健と城山三郎を紹介します。茅ヶ崎の文豪達が如何に茅ヶ崎を愛し、どのような日々を過ごしてきたか、両館でご覧ください。
お問合せ:茅ヶ崎市開高健記念館 0467-87-0567/茅ヶ崎ゆかりの美術館 0467-81-5015



□ 川崎市 川崎市市民ミュージアム☆企画展「生命の表現力〜山下清とその仲間たちの作品展〜」
9月2日(土)〜10月1日(日)
川崎市市民ミュージアム・企画展示室1/
東急東横線&目黒線武蔵小杉駅又はJR南武線&湘南新宿ライン&横須賀線武蔵小杉駅よりバスで約10分

■場所:川崎市市民ミュージアム・企画展示室1(中原区等々力1-2)
※料金:一般700円、学生&65歳以上500円、中学生以下無料
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:毎週月曜日(※但し9月18日は開館)、9月19日(火)
■内容:今年創立89年を迎える知的発達障害児入園施設・八幡学園は、「踏むな 育てよ 水そそげ」の指導理念の下、心の触れ合いを通して一人ひとりの特性を見出してきました。山下清は1934年(12歳)に八幡学園に入園し、そこで貼絵に出会い、才能を開花させました。山下清をはじめ八幡学園の仲間達である石川謙二と沼祐一、野田重博は、それぞれに障害を抱えながらも「美」に対するたぐい稀なる「天性」を感じさせる作品を多数残しています。今回の作品展では、4人の作品100余点と併せて山下清の放浪日記や習字、学園での思い出の写真なども公開します。数々の作品から、その表現のうちに込められた生命の表現力の煌めきをぜひ感じていただければ幸いです。

△学芸員による展示解説
  9月23日(土・祝)14:00〜、無料 ※当日の観覧券が必要


◇参照HP:https://www.kawasaki-museum.jp/
お問合せ:川崎市市民ミュージアム 044-754-4500

□ 川崎市 日本民家園☆年中行事「十五夜」
9月30日(土)〜10月9日(月)
川崎市立日本民家園・旧北村家/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩13分、またはJR南武線登戸駅から徒歩25分

■場所:川崎市立日本民家園・旧北村家(多摩区枡形7-1-1)
■内容:中秋の名月を祝い、秋の草花や芋などの収穫物をお供えする様子を展示します。

◇参照HP:http://www.nihonminkaen.jp/
お問合せ:川崎市立日本民家園 044-922-2181

□ 川崎市 日本民家園☆年中行事「刈り上げ」
9月23日(土)〜10月15日(日)
川崎市立日本民家園・旧北村家/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩13分、またはJR南武線登戸駅から徒歩25分

■場所:川崎市立日本民家園・旧北村家(多摩区枡形7-1-1)
■内容:稲刈り後に収穫を祝い、鎌などを神様に神様に備えた様子を展示します。

◇参照HP:http://www.nihonminkaen.jp/
お問合せ:川崎市立日本民家園 044-922-2181

□ 川崎市 岡本太郎美術館☆企画展「岡本太郎と遊ぶ」展
岡本太郎と遊ぼう
7月15日(土)〜10月15日(日)
川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分、または東急田園都市線溝の口駅から向ヶ丘遊園駅東口行バスで生田緑地入口下車、徒歩約8分

■場所:川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)
※観覧料:一般1000円、高大学生・65歳以上800円、中学生以下無料 ※企画展・常設展合わせてご覧いただけます。
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は除く)及び祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
■内容:岡本太郎は「遊び」について、「『遊び』と『お遊び』とは全然違う。『遊び』は真剣な、全人間的な、つまり命のすべてをぶつけての無償の行為だ。」と言っています。岡本にとって「遊び」とは、自分自身の芸術活動そのものだったとも言えるでしょう。岡本が命の全てをぶつけて生み出した作品と、その作品に向き合う私たちも、真剣に遊んでみませんか。本展では、「岡本太郎と遊ぶ」をキーワードに、岡本の作品を紹介すると共に、「字は絵だろ」と言った岡本が自由な感性で描いた「遊ぶ字」をご紹介します。また会期中には、体の様々な感覚を使って作品を鑑賞する試みを行ないます。展示室内に「さわって遊ぶ」「おと・リズムで遊ぶ」「ことばで遊ぶ」「仮面で遊ぶ」「においで遊ぶ」「遊ぶ字に挑戦!」といったテーマで、五感を使って太郎作品に挑戦する体験コーナーを設置、いつでも体験することができます。

◇参照HP:http://www.taromuseum.jp/
お問合せ:川崎市岡本太郎美術館 044-900-9898

□ 川崎市 岡本太郎美術館☆常設展「岡本太郎と巴里」展
岡本太郎につて知ろう
7月6日(木)〜10月22日(日)
川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分、または東急田園都市線溝の口駅から向ヶ丘遊園駅東口行バスで生田緑地入口下車、徒歩約8分

■場所:川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)
※観覧料:一般1000円、高大学生・65歳以上800円、中学生以下無料 ※企画展・常設展合わせてご覧いただけます。
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は除く)及び祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
■内容:岡本太郎にとってフランスのパリ市は重要な都市の1つでした。1930年から1940年まで過ごしたパリで、世界中から集まった芸術家達に揉まれながら、岡本は独自の個性を確立しました。そのため、秘書であり養女となった岡本敏子は、「岡本太郎は、戦前のパリで『岡本太郎』になった」と述べています。
また、小説家であった母・岡本かの子の小説『巴里祭』の増刷版(1941年刊)のために、装丁画としてパリの風景画も描いています。その後も岡本は度々パリを訪問し、芸術家としての活動を展開しました。本展では、岡本太郎のパリでの活躍を中心に展示構成し、東京とは違ったパリでの「岡本太郎」をご紹介します。

◇参照HP:http://www.taromuseum.jp/
お問合せ:川崎市岡本太郎美術館 044-900-9898

□ 相模原市 神奈川県立藤野芸術の家☆秋のお楽しみコース「フェルト工芸」
9月9日(土)〜10月22日(日)
神奈川県立藤野芸術の家/中央線藤野駅よりバスで約5分


■場所:神奈川県立藤野芸術の家
■時間:9:00〜12:00、13:00〜15:00に随時受付 ※予約不要
■内容:フェルトを使って工芸します。※参加費500円

◇参照HP:http://www.fujino-art.jp/
お問合せ:神奈川県立藤野芸術の家 042-689-3030




□ 小田原市 生命の星・地球博物館☆特別展 地球を「はぎ取る」
地球を知ろう
7月15日(土)〜11月5日(日)
神奈川県立 生命の星・地球博物館/箱根登山鉄道入生田駅より徒歩3分

■場所:神奈川県立 生命の星・地球博物館
※観覧料:20歳〜64歳(学生を除く)720円、20歳未満&学生400円、高校生&65歳以上200円、中学生以下無料
■開館時間:9:00〜16:30
■内容:地層が伝える大地の記憶。地層には、大地の記憶が刻まれています。いつ・どんな場所で出来たのかという時や場所の記憶、地震や火山の噴火などの事件の記憶。また、地層は大地の様々な記憶を秘めた貴重な「古文書」です。神奈川県立 生命の星・地球博物館では、これまでに崖に接着剤をつけて剥がし取った地層のはぎ取り標本をたくさん集めてきました。この特別展では、大地の地層はぎ取り標本を多数展示して、その中に秘められた大地の記憶を読み解きます。多種多様な地層の奥深さ、模様の美しさをお楽しみ下さい。

◇参照HP:http://nh.kanagawa-museum.jp/
お問合せ:神奈川県立 生命の星・地球博物館 0465-21-1515

□ 藤沢市・江ノ島 江no・Fes(エノフェス)
恒例の江ノ島フェスティバル
9月16日(土)〜11月5日(日)
江の島島内/
江の島ッコッキング苑&シーキャンドルには小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩20分、
または江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩25分、または湘南モノレール湘南江ノ島駅より26分

■場所:江の島島内
■内容海岸線が美しく、潮風が心地よい秋。湘南本来の魅力に出会える季節に開催される体験型イベントです。見る・聞く・触れる・体験する。気になるイベントをチェックして出かけましょう。

◇参照HP:http://enoshima-seacandle.jp/
お問合せ:江ノ島電鉄株式会社 江ノフェス実行委員会 0466-24-2715

□ 横浜市 BankART Life V ☆観光
アジアと交流しよう
8月4日(金)〜11月5日(日)
BankART Studio NYK/
横浜みなとみらい線馬車道駅6出口[赤レンガ倉庫口] より徒歩4分

■場所:BankART Studio NYK
※料金:BankART Life V単独パスポート1000円 ※別途有料プログラムあり
■時間:10:00〜19:00
※休場日:第二・第四木曜日
■内容:アジアとの交流をテーマに毎年開催している黄金町バザール。10回目となる今回はゲストキュレーターに窪田研二氏を迎え、双方向から働きかけ合う関係、そして、互いに異質性を理解しながら、互いに敬意をもって共存する世界について問いかけることをテーマに開催し、多彩な内容で展開します。
※Vol.1とVol.2とで一部展示替えあり

◇参照HP:http://www.bankart1929.com/
お問合せ:BankART1929 ( Office ) 045-663-28127

□ 横浜市 ヨコハマトリエンナーレ 2017☆島と星座とガラパゴス
8月4日(金)〜11月5日(日)
横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下他/

■場所:横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下他
※鑑賞券:一般1800円(前売1500円)、大学&専門学校生1200円(前売900円)、高校生800円(前売500円) ※(鑑賞券は横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館地下会場に会期中1回ずつ入場できるチケットです。
■時間:10:00〜18:00(※最終入場17:30)
※休場日:第二・第四木曜日
※10/27〜29、11/2〜4の6日間は20:30まで開場(※最終入場20:00)
■内容:横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。タイトルの「島」や「星座」、「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表わすキーワードです。いま世界はグローバル化が急速に進む一方で、紛争や難民・移民の問題、英国のEU離脱、ポピュリズムの台頭などで大きく揺れています。ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」では、接続と孤立をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。

◇参照HP:http://www.yokohamatriennale.jp/2017/
お問合せ:ハローダイヤル(展覧会について:8:00〜22:00) 03-5777-8600

□ 横浜市 黄金町バザール 2017〜Double Facade 他者と出会うための複数の方法☆Vol.2〜
9月15日(金)〜11月5日(日)
初黄・日ノ出町地区(黄金町エリア)、京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スタジオ他/
京急日ノ出町駅又は黄金町駅下車、徒歩約3分

■場所:初黄・日ノ出町地区(黄金町エリア)、京急日ノ出町駅から黄金町駅間の高架下スタジオ他
※料金:黄金町バザール2017のみの入場は700円
■時間:11:00〜18:30
■内容:「近くにあるのに気づかない、遠くに思える存在、あるいは遠ざけていて近づかない」そんあ場所と人に積極的に関わってゆきます。BankART Studio NYKの館全体を活用した大型の作品群と黄金町地区へ向かう道程の都市的な道草が今回の展覧会のテーマです。そして、観光という言葉のもつ「光を観る」の本意に迫ります。

◇参照HP:http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2017/
お問合せ:NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター 045-261-5467

□ 川崎市 伝統工芸館☆ミニ展示「絞り‐糸のmagic3‐」
9月13日(水)〜11月15日(水)
川崎市伝統工芸館/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩20分、または同駅北口から小田急バスで専修大学前下車、徒歩5分

■場所:川崎市伝統工芸館(多摩区枡形7-1-3 日本民家園西門)
■内容:糸で縛ったり縫ってから染める絞り染めからは驚くほど様々な模様が生まれます。そんな多様な絞り染め作品の数々を展示します。

◇参照HP:http://www.nihonminkaen.jp/facility/dentou_kougeikan/
お問合せ:伝統工芸館 044‐900‐1101

□ 相模原市 神奈川県立藤野芸術の家☆陶芸〜実りの秋の器づくり〜
9月9日(土)〜11月20日(月)
神奈川県立藤野芸術の家/中央線藤野駅よりバスで約5分

■場所:神奈川県立藤野芸術の家
■時間:9:00〜12:00、13:00〜15:00に随時受付 ※予約不要
■内容:秋らしい色や形の器づくりです。釉薬は秋の人気の4色を用意しています。※参加費800円

◇参照HP:http://www.fujino-art.jp/
お問合せ:神奈川県立藤野芸術の家 042-689-3030

□ 川崎市 日本民家園☆開園50周年記念特別展示「日本民家園“今昔”ものがたり」
日本民家園のルーツ
4月29日(土・祝)〜11月26日(日)
川崎市立日本民家園・本館展示室/小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩20分

■場所:川崎市立日本民家園・本館展示室(多摩区枡形7-1-1)
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は除く)及び祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
■内容:民家園は昭和42年4月1日に開園し、平成29年4月で50周年を迎えます。これを記念し、野外博物館を作ることになった経緯や初期の民家園構想を示す資料やガイドブック、開園時のパンフレットなど、普段は展示していない貴重な資料を特別に公開します。また、50年を楽しく知ることができるすごろく遊びコーナーもあります。なお、毎月1回、当園職員による一般向けの展示解説を行ない、5/5(金祝)、8/20(日)には子ども向けの解説も行ないます。

◇参照HP:http://www.taromuseum.jp/
お問合せ:川崎市立日本民家園 044-922-2181

□ 川崎市 川崎市市民ミュージアム☆ 国産アニメーション誕生100周年記念展示
        「にっぽんアニメーションことはじめ〜「動く漫画」のパイオニアたち〜」
日本のアニメーションの原点
9月2日(土)〜12月3日(日)
川崎市市民ミュージアム・アートギャラリー2&3/
東急東横線&目黒線武蔵小杉駅又はJR南武線&湘南新宿ライン&横須賀線武蔵小杉駅よりバスで約10分

■場所:川崎市市民ミュージアム・アートギャラリー2&3(中原区等々力1-2)
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:毎週月曜日(※但し9月18日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)、11月24日(金)
■内容:日本で最初のアニメーションは、今から100年前、1917(大正6)年1月に浅草の劇場で公開された『凸坊新畫帖、芋助猪狩の巻』と考えられています。映画会社に依頼され制作にあたったのは、当時駆け出しの漫画家だった下川凹天。それから半年の内に北山清太郎、幸内純一と前川千帆が相次いで作品を公開し、日本のアニメーション文化はここに芽吹きました。しかし、これらの最初期の作品は、近年フィルムが発見された『なまくら刀』(1917年公開)を除くと、現在殆ど見つかっておらず、情報も断片的にしか分かっていません。果たして100年前に何が起こったのでしょうか? 本展では、100年前にアニメーション制作に挑んだ4人の先駆者達の活動に光を当てると共に、現代に繋がる戦前の漫画文化とアニメーション文化の交わりが分かる関連資料を展示します。併せて現在発見されている最古の国産アニメーション『なまくら刀』、未だ発見されていない下川凹天作品を現代のアニメーション作家達の感性で蘇らせた『下川凹天トリビュートアニメーション』の上映展示などを行ない、国産アニメーション誕生100周年を顕彰します。更に併せて、当館が所蔵する下川凹天の遺品資料を下に、「日本初のアニメーション制作者」とはまた違う「漫画家」下川凹天の生涯を紹介します。

◇参照HP:https://www.kawasaki-museum.jp/
お問合せ:川崎市市民ミュージアム 044-754-4500

□ 二宮町 徳富蘇峰記念館☆相模湾沿岸地域ゆかりの名士(西部編)展
1月6日(金)〜12月17日(日)
徳富蘇峰記念館2階/二宮駅より徒歩12分

■場所:徳富蘇峰記念館2階
※入館料:一般700円、高校&大学生500円
■時間:10:00〜16:00
※休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
■内容:相模湾沿岸地域に縁のある名士と徳富蘇峰との交流を描く全3回シリーズの第2編です。大磯より西の地域、二宮から小田原、真鶴、湯河原、熱海、伊東、下田までの各地に縁のある諸士を取り上げます。終の棲家を熱海に定め、自らを「伊豆山人」と号した徳富蘇峰。同じく相模湾の風光を愛でた各方面の著名人士と何を語りどう親交を深めたのか? 人気保養地の歴史やエピソードなども交え、その圧巻の交遊録に迫ります。

◇参照HP:http://www.soho-tokutomi.or.jp/
お問合せ:徳富蘇峰記念館 0463-71-0266




□ 川崎市 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム☆ドラえもん×コロコロコミック40周年展
7月8日(土)〜2018年1月15日(月)
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム/小田急線又はJR南武線登戸駅よりシャトルバス9分、
または小田急線向ヶ丘遊園駅より徒歩16分、またはJR南武線宿河原駅より徒歩15分

■場所:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム2階展示室(川崎市多摩区長尾2-8-1)
※料金:大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、子ども(4歳以上) 500円、3歳以下無料
※注意:入館チケットは、ローソンだけでお求めになれます。ミュージアムでは入館チケットは販売しておりませんので、ご注意下さい。
■時間:10:00〜18:00
※日時指定の完全予約制:入館時間は10時、12時、14時、16時の1日4回。各回とも入れ替え制ではありませんので、ゆっくりとご観賞下さい。
※休館日:火曜日、年末年始
■内容:子どもたちをとりこにしてきた『コロコロコミック』(小学館)の創刊40周年を記念して藤子・F・不二雄ミュージアム初のコラボレーション企画が実現!! 『ドラえもん』が読める雑誌として1977年に創刊した『コロコロコミック』。企画展では「大長編ドラえもん」シリーズを中心に、『パーマン』や『宙犬トッピ』『宙ポコ』など『コロコロコミック』に掲載された人気作の原画約180点を一同に展示。『ドラえもん』と『コロコロコミック』が共に歩んだ40年の歴史を、歴代の編集担当者やアシスタントの視点を交え、様々な切り口で厳選した原画を紹介します。『ドラえもん』と『コロコロコミック』の歴史を体感して下さい。
お問合せ:川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 0570-055-245(9:30〜18:00)


インデックスページに戻る
明治から大正へ・・・・
横浜港のシンボルとして親しまれたきた
赤煉瓦倉庫が集いの広場に変身・・・おいでませ。


詳細は  http://www.yokohama-akarenga.jp/
横浜市市民局文化企画課

『横浜・八景島シーパラダイス』

65歳以上の方向け新料金「シニア料金」スタート
 アクアミュージアム(水族館)ご入館 
 シニア 65歳以上の方 1名さま 2,000円

サイトリンク  http://www.seaparadise.co.jp/


その他の情報
ズーラシア(神奈川)
都筑自然公園に建設中の動物園のここしかいないオカピーが有名。極力自然のままにがモットーでどこに動物がいるか探すのがここの楽しみ? てなあわけで・・・バーチャルツアー等も開催とか。
詳細はこちら〜        http://www.zoorasia.org/




南町田グランベリーモール
(残念ながら2017年2月12日閉館しました)

お知らせ 南町田再開発で新たに生まれ変わります。
その概要はこちらから

ご存知、1大アウトレットモール
現在リニューアル準備中
http://www.grandberrymall.com/



市の花“バラ”の名所は
港の見える丘公園
山下公園

港の見える丘公園の中にある“ローズガーデン”には,
約70種1500株ものバラが植えられています。
また,山下公園では約70種650株の
バラが,訪れる人々を楽しませてくれます。


横浜ベイスターズ
http://www.baystars.co.jp/
野球シーズン真っ盛り
土地柄どうしてもという方はこちらをご覧ください。
ドメインもbaystarsに!今年からですよ。

横浜Fマリノス
http://www.f-marinos.com/

川崎フロンターレ
http://www.frontale.co.jp/



サンリオピューロランド
http://www.sanrio.co.jp/
10周年記念だそうです。そんなにたつのかな
でもって、いろいろイベントなどが盛りだくさん。
家族ずれで行ってみるか



新横浜ラーメン博物館
http://www.raumen.co.jp/
ホームページがリニューアルされたそうです。
わがグループ「ラーメンショップヤマト」ののライバル・・・
とんでもない、ラーメン産業の旗頭、私どものラーメンショップヤマトと
共にごひいきにお願いいたします。

皆様の情報もお待ちしております。ご意見箱で受付中です。




横浜・川崎神奈川エリア 水漏れ 水廻りのメンテナンス ヤマトグループ
神奈川県横浜市旭区柏町1-7
1STサービスヤマト管理(有)・(有)ヤマト興業
(有)アメニティー・ワイ・(株)ヤマトプランニング


お気付きの点、ご意見等がございましたら下記までお寄せください。

yamato@yamato-gr.co.jp
神奈川県
横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、栄区、泉区、青葉区、都筑区)、川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区)、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、葉山町、相模原市(南区・中央区・北区)、三浦市、秦野市、厚木市、愛川町、清川村、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市、開成町、松田町、大井町、中井町、二宮町、大磯町、箱根町、湯河原町、真鶴町
東京都
町田・多摩地区

Copyright (C) Since 2000 02 01.Yamato Gr.All Rights Reserved.