暮らしに役立つヤマトのワンポイントアドバイス
インデックスページに戻る
ヤマトが集めた身近な情報    更新2018-06-20

神奈川エリア イベント情報

2018年 6月



各地イベント情報
■ 各地の朝市&その他の情報
毎月開催されている朝市その他の即売会などの情報をまとめて紹介
※開催の有無や詳細については、各地開催者までお問い合わせ下さい
毎月開催
□ 三浦市 三崎&金田の朝市
6月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日) ※毎日曜日開催

京急三浦海岸駅前/

写真

■場所:京急三浦海岸駅前 ※雨天の場合は翌日順延
■時間:11時〜夕方
■内容:京急三浦海岸駅前において青空バザールを開催します。 三浦特産の野菜や鮮魚の直販だけでなく、フリーマーケッ トを始め色々な出店が並びます。
お問合せ:三浦海岸まちなみ事業協議会 046(888)0017

□ 葉山町 葉山の朝市
6月3日(日)、10日(日)、17日(日)、24日(日) ※毎日曜日開催(年末年始を除く)
葉山町・鐙摺港/
京浜急行電鉄新逗子駅又はJR逗子駅より京浜急行バス海岸廻り葉山行きで(6分)鐙摺下車、徒歩1分
写真
■場所:三浦郡葉山町・鐙摺港、※30日のみ森戸神社
 ※毎日曜日開催、年始第一日曜日&年末最終日曜日のみ休業
■時間:8時半〜(※売り切れ次第終了)
■内容:毎日曜日の9〜11時にラ・マーレ・ド・茶屋の裏手の鐙摺港で行なわれている朝市です。サザエやアジの干物などの魚介類や乾物類だけでなく、けんちん汁やイクラ丼などの手作り料理も並びます。開始前に行列が出来るほどの人気です。
お問合せ:永楽家 046-875-0315




 横浜市 第37回 横浜開港祭
恒例の横浜開港祭
6月1日(金)〜2日(土)
みなとみらい臨港パーク周辺/みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩約6分

■場所:みなとみらい臨港パーク周辺
■内容:横浜の開港を祝い行われる日本最大規模の市民祭。様々なイベントを実施します。

△開港祭スペシャルLIVE
△官公庁音楽隊LIVEステージ
△YOKOHAMAダンスSTARS
△第5回チビッ子ミニ駅伝2018
他イベント多数 以下オフィシャルサイトで。。

◇参照HP:http://www.kaikosai.com/
お問合せ:横浜開港祭実行委員会 045-212-5511

 鎌倉市 鎌倉文学館☆バラまつり2018
鎌倉で薔薇を愛でよう
5月11日(水)〜6月10日(日)
鎌倉文学館/江ノ電由比ヶ浜駅より徒歩7分

■場所:鎌倉文学館(長谷1丁目)
■内容:バラ園の約200種、250株の色とりどりバラが楽しめます。
期間中は、ガーデンコンサートやバラに関するイベントを行います。

△バラ「鎌倉」の苗木の販売
 5月10日から開始 1株1100円、限定100株


◇参照HP:http://www.kamakurabungaku.com/
お問合せ:鎌倉文学館 0467-23-3911

■ 藤沢市 第12回親水公園まつり
水と緑に恵まれた引地川親水公園イベント
6月2日(土)

引地川親水公園/
JR辻堂駅北口よりバス ・4番乗り場 〔辻28〕湘南ライフタウン行き ・2番乗り場 〔辻33〕綾瀬車庫行き 「舟地蔵」下車 徒歩約12分 ◆JR・小田急藤沢駅北口よりバス ・8番乗り場 〔藤34〕湘南台駅西口行き 「天神社前」下車 徒歩約3分


■場所:引地川親水公園
■時間:10:00〜15:00
■内容:水と緑に恵まれた引地川親水公園で、地元野菜の販売や福祉バザー、縁日、猿回しやポニー引き馬など、親子そろって楽しめるイベントが開催されます。

お問合せ:(公財)藤沢市まちづくり協会 0466-46-7788

■ 松田町 やどりきの森へ行こう
やどりきの森ハイキング
6月2日(土)

小田急線新松田駅北口/駅前集合


■集合場所及び時間:小田急線新松田駅北口に午前8時30分(新松田発8:40)
  (解散予定:新松田駅14:10頃)
■時間:12:20〜15:30
■内容:緑したたる森で癒し体験 林道を歩きながらセラピー&リラックス
(かながわ森林インストラクターが案内します)

◇申し込み E-mail:k-inst0981@friend.ocn.ne.jp
イベント名・日時、参加者全員のお名前、住所、電話番号を記入の上、往復はがき、又はメールでお申し込みください
お問合せ:NPO法人 かながわ森林インストラクターの会 045-931-7910

■ 川崎市 国指定重要有形民俗文化財「旧船越の舞台」
特別公開
6月2日(土)〜3日(日)

日本民家園/小田急線「向ヶ丘遊園」駅南口から徒歩13分
JR南武線「登戸」駅から徒歩25分


■場所:日本民家園
■時間:10:30〜15:00
■内容:江戸時代末に三重県志摩半島の漁村から移築された「旧船越の舞台」。
直径18尺(約5.4m)の廻り舞台や花道、出語りを持ち、国の重要有形民俗文化財に指定されている本格的な農村歌舞伎舞台です。
普段は公開していない舞台の内部を、ボランティアによる解説付き、期間限定で特別に公開します。
当日参加自由ですので、お気軽にご見学ください。

お問合せ:川崎市立日本民家園 044-922-2181

■ 相模原市 さがみ風っ子トレイルランニング
※雨天決行、荒天中止
6月3日(日)

城山湖コミュニティ広場周辺 (相模原市緑区川尻4453)/当日はJR橋本駅より15分間隔で無料のシャトルバスが利用できます。 詳しくはホームページをご覧ください。


■場所:城山湖コミュニティ広場周辺 (相模原市緑区川尻4453)
 ※雨天決行、荒天中止
■参加費 エントリーされる種目によって、料金が変わります。詳しくはホームページでご確認ください。
■時間:7:30〜15:00
■内容:緑区の豊富な水源や、緑豊かな自然といった地域の魅力を市内外へ発信し、家族や仲間との絆を再確認する場の創出を目的に開催される「さがみ風っ子トレイルランニング」。
城山を舞台に、参加者の皆さんに“相模原”という地を存分に感じてもらい、感動や思い出を生み出す笑顔あふれるスポーツイベントです。

詳しくは http://www.kazekko.com/
お問合せ:さがみ風っ子ランニング事務局 042-810-0460

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆草木染め体験教室
草木染め体験教室
6月3日(日)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)
■参加費 500円/枚(染めるハンカチ1枚につき500円)
■時間:13:00〜15:00
■内容:公園管理作業で生じた植物を用いて綿ハンカチ(50cm×50cm)を染める体験教室です。
お子さまは保護者の方と一組でお申込みください。

◇申し込み http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 鎌倉市 葛原岡神社例祭
草木染め体験教室
6月3日(日)

葛原岡神社/JR鎌倉駅 西口下車 銭洗弁財天ルートで徒歩35分


■場所:葛原岡神社
■時間:10:00〜仮 お問い合わせください
■内容:(宵宮祭)六地蔵で、「御霊入れ」が行なわれ、氏子により神輿がかつがれ、由比ガ浜方面に向かう。(神前祭)神前で祝詞をあげる。(墓前祭)墓前で祝詞をあげる。
(本祭)銭洗弁天駐車場から子供神輿が出て、笹目の駐車場で大人の神輿と合流し、由比ガ浜方面に向かう。葛原岡神社は、後醍醐天皇に忠節を尽した日野俊基を神として祀っている。
俊基は、鎌倉幕府を倒す計画、行動をとったので捕らえられ、鎌倉に送られて葛原岡で最期をむかえた。

お問合せ:葛原岡神社 0467-45-9002

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆草笛教室
草笛教室
6月7日(木)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
■時間:10:00〜11:00
■内容:草笛初心者向けの教室です。
葉の選び方や持ち方、息の出し方などを学び、音を出せるように練習します。

◇申し込み http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

□ 大和市 エコ布ぞうりの会作品展
6月5日(火)〜10日(日)
大和市グリーンアップセンター/小田急線、相鉄線 大和駅から 徒歩約12分

■場所:大和市グリーンアップセンター
■時間:9:30〜21:00(初日は13:00から、最終日は15:00まで)
■内容: エコライフを提案している「エコ布ぞうりの会」(鈴木澄子代表、会員約60人)がグリーンアップセンター(下草柳)で、古布などを使った小物の作品展を開催している。
 展示品は、かさで作ったエコバッグやナイロン製エプロン、ネクタイで作ったポシェットなど約1000点。中でも、アジサイ色の布ぞうりを集めた一角は、カラフルな色合いが目を引く仕上がりに。会員は「何も捨てられない」と口をそろえる。

お問合せ:大和市グリーンアップセンター 046-263-8711

□ 横須賀市 よこすかYYのりものフェスタ2018
6月9日(土)〜10日(日)
ヴェルニー公園・ショッパーズプラザ横須賀1F店頭広場・海上自衛隊横須賀地方総監部・ドブ板通りなど/JR横須賀線「横須賀駅」から徒歩約1分  京急線「汐入駅」から徒歩約5分

■場所:JR横須賀駅・ヴェルニー公園・ショッパーズプラザ横須賀1F店頭広場・海上自衛隊横須賀地方総監部・ドブ板通り
■時間:10:00〜16:00
■内容: 鉄道や自動車、海上自衛隊の艦船など、さまざまな分野の「のりもの」が横須賀に大集合!
子ども向け制服記念撮影やミニ鉄道、よこすかグルメの出店もあり、家族みんなで楽しめるイベントです。

お問合せ:スカナビi(横須賀観光インフォメーション) 046-822-8301

■ 横浜市 日本郵船歴史博物館☆コンサート in ミュージアム
6月9日(土)
日本郵船歴史博物館 オリエンテーション・ルーム/みなとみらい線馬車道駅6番出口より徒歩2分

■場所:日本郵船歴史博物館 オリエンテーション・ルーム
※料金無料(入館料別途)、予約不要
■時間:1stステージ 14:00〜14:40/2ndステージ 15:20〜16:00
■内容:毎月第二土曜日の午後に開催するクラシックコンサート。土曜の午後のひと時、生演奏の美しい音色に耳を傾けてみませんか。

◇参照HP:http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/concert/
お問合せ:日本郵船歴史博物館 045-211-192

■ 鎌倉市 五所神社例祭
6月9日(土)〜10日(日)
五所神社/

■場所:五所神社
■内容:五所神社は、材木座の氏神で町内の5つの神社を合わせて祀ったことからこの名前がついた。
当日は、町内を神輿が練り歩き、午後3時頃には、神輿が海に入る海上渡御が行なわれる。

9日(土)お神輿1基のみで町内を練り歩きます。
10日(日)例祭:10時から 海上渡御:15時から お神輿2基で海に入ります。
お問合せ:八雲神社 0467-22-3347

■ 川崎市 Buyかわさきフェスティバルinたかつ
6月9日(土)
JR武蔵溝ノ口駅改札前自由通路/

■場所:JR武蔵溝ノ口駅改札前自由通路
■時間:10:00〜17:00
■内容:川崎の優れた名産品を広く紹介・PRする展示・販売フェア。かわさき名産品フェアでは抽選会やタイムサービス(12時〜、15時〜)を行ないます。また、こども駅長制服撮影会(カメラはご用意ください)などもあります。
お問合せ:青葉区・川崎市経済労働局商業振興課 044-200-2352

■ 大磯町 甲冑劇 戦国時代絵巻
大磯に甲冑武者がやってくる!
6月10日(日)
大磯城山公園/

■場所:大磯城山公園 茶室「城山庵」庭園
■時間:14:00〜15:00
■内容:緑豊かな茶室「城山庵」のお庭を背景に、大磯城山公園の歴史キーワードを基にした創作劇を上演します。
 劇終了後には、出演者との撮影会や、お子様たちも甲冑をまとっての撮影ができますので、是非ご来園ください。出演のSacTのみなさんは、趣味で作成した手作りの甲冑をまとい、自作自演により各地の歴史を寸劇にして紹介しています。
お問合せ:磯城山公園管理事務所 0463610355

■ 箱根町 歩く会
箱根の町を歩きましょう!
6月10日(日) ※毎月10日開催
箱根関所跡バス停前(午前9時50分)/
写真
■場所:箱根関所跡バス停前(午前9時50分)
■コース:箱根関所跡バス停前 箱根関所跡〜函南原生林〜山中城址(史跡と原生林めぐりコース)
※お弁当は各自ご用意下さい。
■参加費:500円 ※なお、初めての方は初回料金としてバッチ代500円が必要です。
※ハイキングよりは多少キツイ山道なども歩きますので、それなりの準備をお願いします。
お問合せ:箱根町歩く会事務局 0460-85-6788(会長宅)

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆自然観察会「花菖蒲の季節の動植物」
四季の森で自然観
6月10日(日)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室) ※雨天決行
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日13時に開催場所に集合
■時間:13:00〜14:30
■内容:四季の森公園で里山管理を行っているNPO法人四季の森里山研究会による自然観察会です。今回のテーマは花菖蒲の季節の動植物です。園内の動植物を観察しながら掘り下げてみます。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

 開成町 あじさいまつり  
あじさいを愛でよう
6月9日(土)〜17日(日)
開成町あじさいの里/小田急線新松田駅より徒歩25分、または関本行き箱根登山バス(7〜8分)で吉田神社入り口下車徒歩1分

■場所:開成町あじさいの里
■内容:東京ドーム約3〜6個分の広大な水田地帯の中にあじさいが5000株。田植えをしたばかりの緑に染まった田んぼと虹色に咲き誇るあじさいに見とれながら、カタツムリになった気分でゆっくりと散策できます。
お問合せ:開成町産業振興課 0465-84-0317

□ 藤沢市・江ノ島 Colors-Fest! enoshima 2018☆江の島春色体験フェスティバル
4月14日〜6月10日(日)
江の島サムエル・コッキング苑、亀ヶ岡広場、中津宮広場他/
小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅より徒歩20分、江ノ島電鉄江ノ島駅より徒歩25分、湘南モノレール湘南江の島駅より26分

■場所:江の島サムエル・コッキング苑、亀ヶ岡広場、中津宮広場他
■江の島サムエル・コッキング苑営業時間:9:00〜20:00(最終入場は19:30まで)
■内容:今年も江の島島内にて、春の色(カラー)を体感できる様々なイベントが行なわれます。江の島サムエル・コッキング苑内での色とりどりの花々、その他週末にも多くの方々に楽しんでいただけるイベントが開催される予定です。

◇参照HP:http://enoshima-seacandle.jp/
お問合せ:江ノ島電鉄株式会社 0466-24-2715/藤沢市観光センター 0466-22-4141

□ 箱根町 成川美術館☆現役作家の代表作
成川美術館の催し
3月16日(金)〜7月11日(水)
成川美術館/小田原駅からバスで元箱根港下車徒、歩約3分

■場所:成川美術館
※料金:1300円(一般当日券)
■時間:9:00〜17:00
■内容:戦後の日本画は、戦前の日本画壇が築きあげてきた伝統的な歴史画や花鳥風月から決別し、それまでの日本画にはなかった新時代の感情表現を試みる作家が現れはじめます。私的ロマンが込められた等身大の日本画は、戦後世代の「個」に徹する意思の強さの表れでもあります。

◇参照HP:http://www.narukawamuseum.co.jp/
お問合せ:成川美術館 0460-83-6828

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆草笛で曲を吹こう
草笛で曲を吹こう
6月14日(木)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
■時間:10:00〜11:30
■内容:「草笛で曲が吹けるようになりたい!」という方におススメの教室です。強い音の出し方、音程の変え方などを学び、曲が吹けるように練習します。

◇申し込み http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

 小田原市 小田原城あじさい花菖蒲まつり  
あじさいを愛でよう
6月2日(土)〜17日(日)
小田原城本丸東堀・花菖蒲園/小田原駅より徒歩10分

■場所:小田原城本丸東堀・花菖蒲園
■常時開放 あじさいライトアップは日没から21時
■内容:小田原城本丸東堀にある花菖蒲園では、6月になるとあじさいを背景に花菖蒲が花開きます。開花に合わせて開催される「小田原城あじさい花菖蒲まつり」では、出店のほか、 夜にはライトアップの演出により昼間とは違った幻想的な花々をご観賞いただけます。
お問合せ:小田原城総合管理事務所 0465-23-1373

 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆ホタルの夕べ
蛍を愛でよう
6月9日(土)〜17日(日)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室) ※雨天決行
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日13時に開催場所に集合
■鑑賞によい時間:19:30〜20:30頃
■内容;なお、中電灯、スマホ、光る靴(ライトフラッシュスニーカー等)など、光を発するもののご使用はご遠慮ください。また、混雑が予想されるので、犬などペットを連れてのホタル観賞はご遠慮ください。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 川崎市 伝統工芸館ミニ展示「藍T 藍染めTシャツの魅力」
Tシャツに親しもう
5月16日(水)〜6月17日(日)
伝統工芸館/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩20分、または小田急線向ヶ丘遊園駅北口から小田急バスで専修大学前下車、徒歩5分

■場所:伝統工芸館
※休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日・祝の場合は開館)
■内容:伝統工芸館のスタッフによる様々な技法を使って染めたTシャツを展示します。

◇参照HP:http://www.nihonminkaen.jp/
お問合せ:伝統工芸館 044‐900‐1101

■ 藤沢市 江の島ハーバーフェスティバル
Tシャツに親しもう
6月16日(土)〜17日(日)
江の島ヨットハーバー/小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩18分 または江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩約21分

■場所:江の島ヨットハーバー
■内容:江の島ヨットハーバーでフラダンスショーや湘南海上保安署や藤沢警察署のブース、フリーマーケット、模擬店、阿波おどり演舞など、楽しめるイベントが開催されます。

お問合せ:湘南なぎさパーク 0466-22-2128

 川崎市 長尾の里☆あじさいまつり
紫陽花を愛でよう
6月17日(日)
妙楽寺/JR南武線宿河原駅より徒歩20分


■場所:妙楽寺(多摩区長尾3-9-3)
■時間:10:00〜15:00
■内容:川崎のあじさい寺として知られている妙楽寺で、先代住職が植えた約千本の色とりどりのあじさいが咲きそろいます。野点も行ないます。
お問合せ:妙楽寺 044-922-3653

 横浜市 コンサートon氷川丸
音楽イベント
6月22日(金)
日本郵船氷川丸/元町・中華街駅 から徒歩約4分


■場所:日本郵船氷川丸
■料金:各回1,000円(氷川丸入館料込み、各種割引対象外)
■時間: 11:00〜12:00 1回目11:00〜12:00 2回目14:00〜15:00
■内容:アールデコ様式のインテリアデザインが美しい一等食堂にてフルートとクラリネットの演奏が行われる。

◇参照HP:http://www.nyk.com/rekishi/
お問合せ:日本郵船歴史博物館 045-211-1923

■ 横浜市 神奈川県立四季の森公園☆健康体操
四季の森で健康体操
6月24日(日)

神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室)/
横浜線中山駅南口又は横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅2番出口下車、徒歩約15分(公園北口)


■場所:神奈川県立四季の森公園(北口:ビジターセンター会議室) ※雨天中止
※定員なし、参加費無料、事前申し込み不要、当日10時に開催場所に集合
※持ち物:水分・フェイスタオル・帽子、動きやすい格好でお越しください。
■時間:10:00〜11:00
■内容:「日常生活を快適に暮らして、体も心も元気に!」を目指して、腰痛・肩こり・ひざの痛みを和らげ、バランスのとれた筋力を保つために体操を行います。

◇参照HP:http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/
お問合せ:神奈川県立四季の森公園管理事務所 045-931-7910

■ 伊勢原市 伊勢原大神宮☆夏越大祓い
伊勢原で大祓
6月24日(日)
伊勢原大神宮/伊勢原駅北口より徒歩10分

■場所:伊勢原大神宮
■時間:16:00〜17:00
■内容:1罪や穢れ、厄災を祓い生命力を強める行事として茅の輪くぐりが行なわれます。
お問合せ:伊勢原大神宮 0463-96-1611

■ 鎌倉市・大祓(鶴岡八幡宮)
6月の大祓
6月30日(土)
鶴岡八幡宮/JR鎌倉駅東口より徒歩10分 江ノ電鎌倉駅より徒歩10分

■場所:鶴岡八幡宮
■時間:17時(11時、13時、15時の回もあります)
■内容:半年間の罪とけがれを祓い清める儀式で、毎年6月30日と12月31日に執り行われる。6月の大祓には「備後風土記」逸文の蘇民将来の故事から起こったといわれる「茅の輪くぐり」が行われる。

お問合せ:鶴岡八幡宮 0467-22-0315

■ 藤沢市・江ノ島 夏越の大はらい式☆茅の輪くぐり
6月の大祓
6月30日(土)
江島神社(辺津宮)/小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩15分、または江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩約16分

■場所:江島神社(辺津宮)
■時間:16:00〜
■内容:毎年6月の晦日に行なわれる大祓いで日頃の心身の穢れや災厄を祓い清める儀式のひとつです。江島神社・辺津宮で茅の輪をくぐってみてはいかがですか?
お問合せ:江島神社 0466-22-4020

■ 伊勢原市 大山阿夫利神社☆夏越大祓い
6月の大祓
6月30日(土)
大山阿夫利神社社務局/伊勢原駅北口4番乗り場より大山ケーブル行バス(約25分)で社務局入口下車

■場所:大山阿夫利神社社務局
■時間:14:00〜15:00
■内容:罪や穢れ、厄災を祓い生命力を強める行事として茅の輪くぐりが執り行なわれます。
お問合せ:大山阿夫利神社社務局 0463-95-2006

■ 伊勢原市 三之宮比々多神社☆夏越大祓い
6月の大祓
6月30日(土)
三之宮比々多神社/
伊勢原駅北口1番乗り場より栗原行きバス(約15分)で比々多神社下車、または鶴巻温泉駅行バス(約12分)で神戸下車

■場所:三之宮比々多神社
■時間:14:00〜15:00
■内容:罪や穢れ、厄災を祓い生命力を強める行事として茅の輪くぐりが執り行なわれます。
お問合せ:三之宮比々多神社 0463-95-3237



□ 横浜市 横浜美術館☆ファッションとアート〜麗しき東西交流展〜
横浜美術館の催し
4月15日(土)〜6月25日(日)
横浜美術館/みなとみらい線みなとみらい駅3番出口から徒歩3分

■場所:横浜美術館
※観覧料:一般1500円、大学・高校生900円、中学生600円、小学生以下無料
■時間:10:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
■内容:1859(安政6)年の開港以来、横浜は西洋の文化を受け入れ、日本の文化を海外に送り出す玄関口としての役割を担ってきました。この展覧会では、19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術に焦点を当て、横浜を一つの拠点とする東西の文化交流が人々の生活や美意識にどのような影響を及ぼしたのかを紹介します。

◇参照HP:http://yokohama.art.museum/
お問合せ:横浜美術館 045-221-0300

□ 川崎市 岡本太郎美術館☆常設展「太陽の塔 誕生 八面六臂の岡本太郎」
岡本太郎につて知ろう
4月13日(木)〜7月2日(日)
川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分、または東急田園都市線溝の口駅から向ヶ丘遊園駅東口行バスで生田緑地入口下車、徒歩約8分

■場所:川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は除く)及び祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
■内容:岡本太郎が日本万国博覧会のテーマ館プロデューサーに就任する1967年頃から、開催翌年の1971年頃までの、万博の仕事と同時進行で数多くの仕事をこなし、文字通り八面六臂の活躍をした岡本の活動について紹介します。万博のテーマ館であった《太陽の塔》を中心に、この時期に制作された他の作品や執筆活動、プライベートの様子など当時の岡本の多面的な活動について、作品と資料とともに紹介します。

◇参照HP:http://www.taromuseum.jp/
お問合せ:川崎市岡本太郎美術館 044-900-9898

□ 川崎市 岡本太郎美術館☆企画展「岡本太郎の写真-採集と思考のはざまに」
岡本太郎につて知ろう
4月28日(土)〜7月1日(日)
川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約17分、または東急田園都市線溝の口駅から向ヶ丘遊園駅東口行バスで生田緑地入口下車、徒歩約8分

■場所:川崎市岡本太郎美術館 (多摩区枡形7-1-5 生田緑地内)
■時間:9:30〜17:00(入館締切16:30)
※休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は除く)及び祝日の翌日(祝日の翌日が土日にあたる場合を除く)
■内容:岡本太郎は若い日に留学したパリで、画家としての方向を模索するかたわら、自分の行く道への裏づけを得たいという切実な思いから哲学や社会学に関心を持ち、パリ大学で民族学・文化人類学を学びました。画家だけでなく写真家たちとも親しく交流し、たわむれに展覧会にも出品しています。
岡本が猛烈な勢いで写真を撮りはじめるのは、戦後、雑誌に寄稿した文章の挿図に、自分が見たものを伝える手段としてこのメディアを選んだ時からでした。こどもたち、風土、祭りの熱狂、動物、石と木、坂道の多い街、屋根、境界。岡本がフィルムに写し取ったイメージは、取材した土地、旅先でとらえられたものです。フィルムには、レンズを通してひたすらに見つめた、岡本太郎の眼の痕跡が残されています。
本展では、岡本がフィルムに切り取ったモチーフ、採集したイメージを軸に、岡本太郎の眼が見つめ捉えたものを検証することで、絵画や彫刻にも通底していく彼の思考を探ります。カメラのレンズが眼そのものになったような、岡本太郎の眼差しを追体験してみてください。

◇参照HP:http://www.taromuseum.jp/
お問合せ:川崎市岡本太郎美術館 044-900-9898

 箱根町 あじさい電車★夜間ライトアップ運転
箱根登山鉄道 恒例のライトアップ!
6月16日(土)〜7月4日(水)
箱根登山鉄道/

写真■場所:箱根登山鉄道
■内容:箱根登山鉄道沿線の紫陽花は6月中旬頃から開花の時期を迎えます。箱根登山電車はその名の通り箱根の山を登りますが、各地点での標高と共に紫陽花の見頃も7月下旬にかけて少しずつ登ってゆきます。箱根湯本駅付近において6月中旬から6月下旬、大平台駅付近において宮ノ下駅付近6月下旬から7月上旬、彫刻の森駅付近及び強羅駅付近において6月下旬から7月中旬、ケーブルカー沿線において7月上旬から7月下旬、あじさいの開花に合わせて夜間ライトアップを行ないます。車窓に触れるほど咲き誇る約10,000株の紫陽花をゆっくり走る登山電車からお楽しみ下さい。

お問合せ:箱根登山鉄道鉄道部 0465-32-6823

□ 横浜市 日本郵船歴史博物館☆並べて運んで半世紀 コンテナ船の歩み
4月28日(土)〜7月16日(月)
日本郵船歴史博物館/みなとみらい線馬車道駅6番出口より徒歩2分

■場所:日本郵船歴史博物館
※入館料:一般400円、中高生&65歳以上250円、小学生以下無料
■時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
※休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
■内容:1968年に日本初のフルコンテナ船箱根丸が就航してからちょうど半世紀。2018年4月、川崎汽船、商船三井および日本郵船3社の合弁会社Ocean Network Express社(ONE)の定期コンテナサービスが開始しました。日本郵船グループはコンテナ船事業の統合という大きな転換期を迎えたのです。
世界共通の規格サイズで作られたコンテナという輸送手段の登場により、コンテナ船は世界を結ぶ海上輸送の主役に躍り出ました。商品の梱包は簡素化し、天候に左右されることなく荷役可能で費用も時間も大幅に削減でき、輸送量は飛躍的に伸びていきました。
本展では箱根丸(縮尺1/100)、鎌倉丸 (同1/150)、春日丸(同1/500)など歴代コンテナ船の模型を中心に展示し、日本郵船のコンテナ船の歴史を振り返ります。

◇参照HP:http://www.nyk.com/rekishi/
お問合せ:日本郵船歴史博物館 045-211-1923

□ 川崎市 伝統工芸館ミニ展示「型紙展示」
型紙を味わおう
6月27日(水)〜7月29日(日)
伝統工芸館/
小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩20分、または小田急線向ヶ丘遊園駅北口から小田急バスで専修大学前下車、徒歩5分

■場所:伝統工芸館
※休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日・祝の場合は開館)
■内容:染物屋さんにあったお店の型紙。美味しそうな文字が並びます。同じ文字でも字体は様々、とても身近に感じていただける型紙の展示です。

◇参照HP:http://www.nihonminkaen.jp/
お問合せ:伝統工芸館 044‐900‐1101




□ 箱根町 ポーラ美術館☆「エミール・ガレ 自然の自然の蒐集」
エミール・ガレ
3月17日(土)〜7月16日(月・祝)
ポーラ美術館/箱根登山鉄道強羅駅より観光施設めぐりバス(13分)にてポーラ美術館下車

■場所:ポーラ美術館
※入館料:大人1800円、シニア(65歳以上)1600円、大学生・高校生1300円、小中学生生(土曜日無料)700円
■時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
■内容:ポーラ美術館では、開館以来初となるエミール・ガレ(1846-1904)の展覧会を開催いたします。フランス語で「新しい芸術」を意味する「アール・ヌーヴォー」が流行したのは、19世紀末のことです。自然の有機的な形態を着想源とした曲線をふんだんに用いたこの芸術様式において、ガレはガラス工芸の分野で第一人者として活躍しました。

植物学や生物学をはじめとする博物学的な知識と卓越した技術を駆使して、傑出した芸術作品を次々と生み出したガレ。自然界に存在するさまざまなかたちを見つめ、植物や昆虫、動物、そして海の生物といった数多くのモティーフを意匠化したガレの芸術制作は、自然を蒐集するコレクターになぞらえることができるでしょう。

とりわけ植物の研究に取り組んだガレは、植物や昆虫のすみかである「森」を生命の象徴として捉えていました。また、19世紀後半は海洋学が進展した時代であり、「海」の生態についての関心が一層高まりを見せます。「森」と「海」というふたつの主題は、ガレが晩年に傾倒した象徴主義の文学や芸術にも深く関わっていました。

本展では、初期から晩年までのガレの優品を辿りながら、芸術家の創造の源泉であった「自然」を、「森」と「海」というふたつの視点から紹介します。
ください。
◇参照HP:http://www.polamuseum.or.jp/
お問合せ:ポーラ美術館 0460-84-2111

□ 二宮町 徳富蘇峰記念館☆明治維新150年記念企画「維新の志士12人からの手紙」展
1月5日(金)〜12月16日(日)
徳富蘇峰記念館2階/二宮駅より徒歩12分

■場所:徳富蘇峰記念館2階
※入館料:一般700円、高校&大学生500円
■時間:10:00〜16:00
※休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
■内容:文久3(1863)年生まれの徳富蘇峰は、明治初期のまだ幼童の頃、横井小楠門下の父・一敬より「しばしば維新志士に関する噺を聞いた」と述懐しています。その維新史を「日本歴史の最高峰」と位置付けた蘇峰は、明治天皇の御宇史を後世に伝えるため、34年の歳月をかけて『近世日本国民史』百巻に纏めました。
 この著述中、「予は不幸にして知らず」と世代の違いを嘆きつつ、“維新の三傑”を「豪傑英雄の西郷」「天下無双の政治家・大久保」「清識遠謀なる経世家・木戸」と評しています。
とりわけ西郷隆盛への想いは強く、「西郷さんと相合傘がしてみたい」という蘇峰晩年の歌に、淡い思慕の念を感じ取ることができます。
蘇峰は、「親しく其の膝下に教を奉ずる事多年」の関係であった幕臣・勝海舟から幸いにも人間学を学び、一方では明治政府の中枢を担った「維新第二世代」の伊藤博文や山県有朋、井上馨などとも交流をはかりました。

◇参照HP:http://www.soho-tokutomi.or.jp/
お問合せ:徳富蘇峰記念館 0463-71-0266

□ 二宮町 徳富蘇峰記念館☆相模湾沿岸地域ゆかりの名士V(湘南編)
1月5日(金)〜12月16日(日)
徳富蘇峰記念館2階/二宮駅より徒歩12分

■場所:徳富蘇峰記念館2階
※入館料:一般700円、高校&大学生500円
■時間:10:00〜16:00
※休館日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
■内容:相模湾沿岸地域に縁のある名士と徳富蘇峰との交流を描く全3回シリーズの第2編です。大磯より西の地域、二宮から小田原、真鶴、湯河原、熱海、伊東、下田までの各地に縁のある諸士を取り上げます。終の棲家を熱海に定め、自らを「伊豆山人」と号した徳富蘇峰。同じく相模湾の風光を愛でた各方面の著名人士と何を語りどう親交を深めたのか? 人気保養地の歴史やエピソードなども交え、その圧巻の交遊録に迫ります。

◇参照HP:http://www.soho-tokutomi.or.jp/
お問合せ:徳富蘇峰記念館 0463-71-0266


インデックスページに戻る
明治から大正へ・・・・
横浜港のシンボルとして親しまれたきた
赤煉瓦倉庫が集いの広場に変身・・・おいでませ。


詳細は  http://www.yokohama-akarenga.jp/
横浜市市民局文化企画課

『横浜・八景島シーパラダイス』

65歳以上の方向け新料金「シニア料金」スタート
 アクアミュージアム(水族館)ご入館 
 シニア 65歳以上の方 1名さま 2,000円

サイトリンク  http://www.seaparadise.co.jp/


その他の情報
ズーラシア(神奈川)
都筑自然公園に建設中の動物園のここしかいないオカピーが有名。極力自然のままにがモットーでどこに動物がいるか探すのがここの楽しみ? てなあわけで・・・バーチャルツアー等も開催とか。
詳細はこちら〜        http://www.zoorasia.org/




南町田グランベリーモール
(残念ながら2017年2月12日閉館しました)

お知らせ 南町田再開発で新たに生まれ変わります。
その概要はこちらから

ご存知、1大アウトレットモール
現在リニューアル準備中
http://www.grandberrymall.com/



市の花“バラ”の名所は
港の見える丘公園
山下公園

港の見える丘公園の中にある“ローズガーデン”には,
約70種1500株ものバラが植えられています。
また,山下公園では約70種650株の
バラが,訪れる人々を楽しませてくれます。


横浜ベイスターズ
http://www.baystars.co.jp/
野球シーズン真っ盛り
土地柄どうしてもという方はこちらをご覧ください。
ドメインもbaystarsに!今年からですよ。

横浜Fマリノス
http://www.f-marinos.com/

川崎フロンターレ
http://www.frontale.co.jp/



サンリオピューロランド
http://www.sanrio.co.jp/
10周年記念だそうです。そんなにたつのかな
でもって、いろいろイベントなどが盛りだくさん。
家族ずれで行ってみるか



新横浜ラーメン博物館
http://www.raumen.co.jp/
ホームページがリニューアルされたそうです。
わがグループ「ラーメンショップヤマト」ののライバル・・・
とんでもない、ラーメン産業の旗頭、私どものラーメンショップヤマトと
共にごひいきにお願いいたします。

皆様の情報もお待ちしております。ご意見箱で受付中です。




横浜・川崎神奈川エリア 水漏れ 水廻りのメンテナンス ヤマトグループ
神奈川県横浜市旭区柏町1-7
1STサービスヤマト管理(有)・(有)ヤマト興業
(有)アメニティー・ワイ・(株)ヤマトプランニング


お気付きの点、ご意見等がございましたら下記までお寄せください。

yamato@yamato-gr.co.jp
神奈川県
横浜市(鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、港南区、旭区、緑区、瀬谷区、栄区、泉区、青葉区、都筑区)、川崎市(川崎区、幸区、中原区、高津区、多摩区、宮前区、麻生区)、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、葉山町、相模原市(南区・中央区・北区)、三浦市、秦野市、厚木市、愛川町、清川村、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市、開成町、松田町、大井町、中井町、二宮町、大磯町、箱根町、湯河原町、真鶴町
東京都
町田・多摩地区

Copyright (C) Since 2000 02 01.Yamato Gr.All Rights Reserved.